アンケート一覧ページでアンケートを探す

回答受付が終了しました

ID非公開

2022/3/8 3:48

33回答

黒毛和牛のA5と銘柄牛のA5では、 銘柄牛のA5の方が価格が高いイメージですが、 銘柄牛のA5の方が審査等が厳しいのでしょうか? また、肉自体の品質は同じくらいですか?

料理、食材51閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

回答(3件)

A5等の格付けは、単に歩留まりと霜降りの量を客観的に示しているだけで、味覚的に肉が美味いか不味いかを示しているわけではない。 それ以外の要素、ブランド、産地、品種などは売り手が販売促進のためにアピールしているしていることで、格付けとは別の話になる。 それらが総合されて最終的な値段が決まっていく。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

格付の審査は同じです。 か価格は、所謂,ブランド価値により競り上る事があります。 スタートの値段自体(発句と言います)が高いです。

ある食肉サイトによると、 牛肉のランクを管理している日本食肉格付協会が農林水産省から承認を受けた牛枝肉取引規格に基づいて、肉の等級を決定しています。 アルファベットの部分は歩留(ぶどまり)等級といい、これは 「その牛からどの位商品となる牛肉が取れるのか」を評価したランクです。 いわば生産性の評価です。 AからCの3段階があり、Aが最高ランクです。 一方、数字の部分は肉質等級といい、これは「牛肉の色沢」 「牛肉の締まりときめ」「脂肪の色沢と質」「脂肪交雑(脂肪の 入り具合)」の4つを総合的に評価したランクです。 1から5の5段階があり、5が最高ランクです。 つまり、A5とは「商品となる牛肉がたくさん取れて、脂肪の色沢と質、牛肉の色沢や締まり、きめが良く、脂肪が多く細かい」という意味ですので、 産地と品種によって審査・評価方法が変わるわけではありません。 ただ、産地と品種はブランドとしては重要で、そのため価格差が あるのではないでしょうか。