ID非公開

2022/4/29 11:24

33回答

311事故では「耐圧強化ベントは有効に 動作しなかった」ということです。 再稼働が計画されている原子力発電所に、耐圧強化ベントが設置されている場合、この問題は解決されているのでしょうか?

原子力災害 | 原子力災害107閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/5/1 16:40

令和3年4月の第45回原子力規制委員会の技術情報検討会では、「ラプチャーディスクの作動圧力に達していなかった」、ということなので、水蒸気の場合には、凝縮があるかも知れないと思って質問しました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

BAといたしました。ありがとうございます。

お礼日時:5/4 18:59

その他の回答(2件)

1

福島第一原発には電源喪失が起きてもメルトダウンを防ぐためのECCSとして、冷却水を自然循環させるICと蒸気でポンプを駆動して炉心に注水するRCICとHPCIが装備されていて、1号機にはICとHPCI、2号機と3号機にはRCICとHPCIが装備されていましたが、 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52931 が正しければ、1号機のICは殆ど機能しなかった事になると思いますし、HPCIへの切り替えも出来なくて3/12の15:36に爆発したようです。 2号機はRCICが3号機が爆発した3/14の13時頃まで動作したようですが、1号機と同様、HPCIに切り替える事は出来なくて、大きな爆発は起きなかったけれど、東電の主張によれば、1~4号機の中で一番大量に放射性物質が放出されたそうです。 3号機はRCICは3/12まで動作させて同日にHPCIに切り替えたけれど、HPCIに切り替えた直後に圧力容器内の圧力が大幅に低下しているので、HPCIが正常に機能しなくてメルトスルーが始まり、3/14の11:01に爆発した可能性が高いのではないでしょうか。 私は、これらの事を合理的に説明するには、福島第一原発の事故の原因は全電源喪失ではなくて、地震動による原発の配管等の損傷が原因であると考えるしかないと思っていますので、ベントが正常に行われてもメルトダウンやメルトスルーは防げなかったと思っていますが、原発の耐震性は住宅よりも低い事については、 http://tabemono.info/report/former/genpatu19.html を見て下さい。 ところで、私は日本政府や東電が一番恐れていたのは、冷却が出来なくなった4号機の核燃料プール内の新燃料を含む大量の核燃料が全てメルトダウンして大量の放射性物質が放出される事であり、この事が起きる可能性があったため、日本政府は「最悪のシナリオ」を立案したのではないかと推測しています。 4号機の爆発については未だに謎に包まれていると思っていますが、私は使用済み核燃料や新品の核燃料が大量に入っていたリラッキング済みの核燃料プールが地震に耐えられなくなって亀裂が入って冷却水が漏れ、核燃料が冷却出来なくなって核燃料が部分的にメルトダウンして水素爆発を起こしたけれど、メルトダウンした核燃料の核燃料デブリが運よく核燃料プールの亀裂を塞いで水位を保てるようになって「最悪のシナリオ」を回避出来たのではないかと推測しています。 私のこちらの推測の元になった情報は http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103150529.html http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106200373.html https://www.asahi.com/articles/ASP3Q5SJKP3QUTIL044.html ですので、どうか見てください。

1人がナイス!しています

2

福島第一原発事故では 圧力容器の耐圧が保たなくてベントしたんじゃなくて 冷却水注入のためにベントを行ったのは、ググれば簡単に判ることかと。 圧力容器の耐圧用のベント弁は別に設けられていますが そっちは自動的に開く仕組みで人の操作では開けないと思います。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/4/29 14:38

○系統の構成はできていたが、作動圧力に到達しなかったということです。格納容器の圧力は高くなっていたが、ラプチャーディスクの528kPa‹abs›には達してなかった。 ーーーーーーーー (以下原子力規制委員会の資料から抜粋)、 ーーーーーーーー (〈東京電力福島第一原子力発電所事故の調査・分析に係る中間取りまとめ」を踏まえた対応について(第2回)》令和3年4月7日原子力規制委員会資料2)、で、 〔論点(1) 2号機耐圧強化ベントは、ベントラインの系統構成は完了していたが、ラプチャーディスクの作動圧力(528kPa[abs](原子炉格納容器の設計圧力の1.1倍))に到達せず、ベントは成功しなかった。〕 ーーーーーーーー 耐圧強化ベント装置そのものが、ベントを遮った(あるいは遅らせた)可能性はありませんか? つまり弁を開けてもすぐには作動圧には達しないのかも知れません。