ID非公開

2022/5/5 11:16

55回答

第二次世界大戦時のイタリア戦車はなぜ弱かったのですか?

ミリタリー71閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

燃料事情の関係でガソリンエンジン使えず 日本同様非力なディーゼルエンジン使ったせい。 馬力があれば装甲厚く出来ました。 イタリアの火砲は日本製より威力が大きいですから 同じ47ミリ砲でもチハよりM13/40の方が強力。

0

当時のイタリア軍の上層部は、世界的に盛んに戦車の開発が行われていたにも関わらず、知識が殆ど無かった。 勿論、設計するのは設計士だが、この設計士が戦車の知識が全くなくて、例えば世界基準的に中級クラスの戦車は総重量が20tほどあるのに、イタリア軍のは半分程度の重量しかなかった。 つまり砲撃を受ければ、たちまち軽く吹っ飛ぶレベルだった。 しかも、砲台と母体が固定されていたので、砲台の向きを変えるには車両ごと変える必要があった。 そんな戦車が前線で大活躍する筈もなく、イギリス軍との北アフリカ戦線に於いて大敗を喫した最大級の敗北の原因がこの戦車なのである。 そして、そんな戦車を大量に作っていたので、代替も効かず、時代的に取り残されたイタリア軍の中型戦車は、世界最弱戦車というレッテルを貼られてしまったというわけです。

0

当時のイタリア軍の兵器を見ると、全体的に防御を重点に置いてる感じがする。 戦車は塹壕とかを越えて、戦闘地域を蹂躙するのが目的の兵器なので、重武装とか考えてなかったみたいに考えられる。 戦争終結時までに開発が間に合わなかったと思われる。

0

周辺国の戦車が強力だっただけですね!植民地の反乱を鎮圧するだけなら十分な性能でした。イタリア軍の戦車は正規軍と戦う事を想定して居ません。