ID非公開

2022/5/11 14:13

1313回答

最近フィルムカメラやカセットテープが売れてるらしいですが、 ブラウン管のテレビは流行らないのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(12件)

0

4K8Kの時代で薄型液晶テレビで75インチとか85インチの時代に、クソでかくて重いブラウン管テレビを作るメーカーは存在しない、ゴミ作ってもしょうがないだろ

0

流行らないでしょうね。 私は好きですけど。 ブラウン管テレビは言わば巨大な真空管なんですよね、ブラウン管自体にも寿命は有るし、基板に取り付けられた数多くの電解コンデンサにも寿命が有ります。 ブラウン管自体の寿命は結構あって先に電解コンデンサがやられますから取り替えれば使えますが数も多いし知識がない人がするにはちょっと骨が折れます。 ブラウン管時代のゲームをブラウン管でプレイすると立体感に驚きます。 ブラウン管は色滲みが起こるのでその滲みを利用して立体的に見える様に作られています。 昔のゲーム機を液晶テレビでアップコンバートさせて表示は出来ても映像の汚さにガッカリすると思います。

1

テレビ自体がモノとしての面白み、趣味性が低いと思います。カメラのように上達する楽しみ、カセットのように作る楽しみもないですから。 60年代くらいのビンテージになるとデザイン的に人気出そうですが、なんとか映したとして結局放送は現代のものですからね。 ニキシー管の時計のほうが流行りそうです。

1人がナイス!しています

0

流行らない理由は、ブラウン管テレビに交換してもそのままでは映らないので見れない。コストや手間が掛ければ見れるそうです。液晶テレビよりだいぶ奥行きがあり、画面サイズにより数10kg~50kg~と重く簡単に壁掛けできない。中古になるので入手が難しいかなと思います。ブラウン管テレビは、液晶テレビより画面表示までの遅延が少なく動きの早い画像表示ではブレ等は出にくいようです。ブラウン管モニターを使用しているプロゲーマーはいるらしいです。個人的には、ブラウン管テレビの色が好みで地デジチューナーを接続して受信、視聴できるギリギリまで使用していました。ブラウン管テレビは、メーカー、型式により写っている画面に近づいて見るとR(赤色)G(緑色)B(青色)の小さな丸や長方形?異形が規則正しく並んでいて色が変化するのが分かります。液晶テレビも進化して色彩も良くなったと思います。

0

フィルムカメラやカセットテープなどには、CDやデジタルカメラにはない魅力があります。カセットテープの特徴はレコードと同様音が心地良いということではないでしょうか?また、フィルムカメラは現像するまでどんな写真かが分からないというワクワク感があります。その一方でブラウン管はどうでしょう。今の液晶テレビにはない魅力があるのでしょうか?液晶テレビに比べると重く、奥行きがあり、場所に困ります。また、価格自体も手頃ではないため、何かと不便で、テレビも見れません。ですが、フィルムの現像はまだ健在ですし、カセットテープもラジカセや、ハイポジションテープなどに対応したデッキも販売されています。よってブラウン管テレビは流行らないのだと考えます。