2021年の国立科学博物館の篠田謙一館長らの論文で渡来系弥生人が中国・黄河→朝鮮半島→日本列島と農業・言語を伴って渡来したことが明らかになりました。

画像
補足

投稿者は以下のアカウントを使っている模様です。 ter******** chi******** llo******** eum******** yyy******** let******** ******** cha******** jhg******** xose******** krt******** tet********

ヒト | 日本史98閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

横入り、すみません。前の回答者さんへ。 右上の「このページを翻訳」というアイコンをクリックすれば、日本語になりますよ。変な日本語ですが。 著者名の中に「 Ken-ichi Shinoda」も有ります。

0

2021年の篠田館長らの論文・・・とやらをみてみると、 英文のようです。 このぺージにある「PDF」ファイルをみると、 琉球大学が発表したもので、 著者は、 ドイツ・マックスプランク研究所の博士らと 琉球大学の教授らの国際共同研究チームだとのことです。 それにタイトルは、 三角測量が農業普及を支援・・・となっています。 篠田館長らの日本語の論文を見せてください。