ヨーロッパを走っている車の半分はディーゼルだそうですが、最近不正燃費問題が出てからは、 ディーゼル販売は激減しているのでしょうか?

補足

KF様より、 日本は某ヨタのプリウスで 電動化の先進国なんです。しかもTHSという、一番難しい分野で。 一方、オットーだのアトキンソンだのクラークだのサバテだのディーゼルだのというレシプロエンジンの運転の根幹:サイクル論で画期的な特許を持つ国 欧米勢、独が車商売を続けて行くには、将来を非常に危惧 でもディーゼルも「案外汚く無い」と言う事で、小型車迄もディーゼル化 しかし米でNOx規制に対する嘘 元より、拡散燃焼の排ガス浄化が非常に難しく 三元触媒という神風が吹いたガソリンに比べて進化が非常に遅れたディーゼルだから数が売れたら無視し得なく成る で、酸性雨、大気汚染問題(喘息増?) NOx浄化の根治策が無い。 酸性雨で観光資源が溶けて行く で、全エンジン禁止という極端な旗を振って一大イメチェンを画策中 でハイブリッドやスカイアクティブでトップランナーである日本外しに成るし でも排ガス規制で不正。制御の悪辣さが問題に! 買う側は 仏は伝統的にケチだからディーゼル、 高速道路を遠距離通勤等高速巡航してた面々は、過給してダウンサイジングしたディーゼルの恩恵を享受出来ていました

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ありがとうございます。 ヨーロッパでは、 ディーゼルは2015年には市場占有率が5割で、 2021年には2割に激減、 日本では、ディーゼルは、マツダ等が3% 輸入車BMW等合計が3%、 しかしBMWディーゼルは、実燃費リッター17キロ、しかも軽油、 コスパは、良いかも、 ディーゼル販売が半減 販売占有率、 ガソリン4割、 ディーゼル2割、 ハイブリッド2割、 PHEV1割、 EV電気自動車1割、 ただし、電気系には、日本同様かなり補助金がある、

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様貴重な御回答有難うございました。 ヨーロッパでは、 ディーゼルは2015年には市場占有率が5割で、 2021年には2割に激減、 日本では、ディーゼルは、マツダ等が3% 輸入車BMW等合計が3%、 しかしBMWディーゼルは、実燃費リッター17キロ、しかも軽油、 コスパは良い 販売占有率、 ガソリン4割、 ディーゼル2割、 ハイブリッド2割、 PHEV1割、 EV電気自動車1割、

お礼日時:5/18 11:53

その他の回答(3件)

0

減ってます。 原因は知りません。 が、みんながみんな燃費だけを気にしてるわけでもありません。 息の長い加速が楽しめるわけではないですが 低回転域からトルクモリモリなので、常用域での加速感は ガソリン以上なので、好きな人は好きですね。

0
0