エンジンの2サイクルと4サイクルの性能は、具体的にどう違いますか?オートバイ

その他の回答(5件)

1

一番違うのはトルクとパワーの出方ですね。 4ストがいわゆるフラットトルクなのに対して、2ストは回転数に比例するような感じでトルクが強くなり、ピーク値も250㏄で3Kg-mくらいと、4スト(2.4Kg-mくらい)の2割増しです。 低回転が弱いことが逆に高回転時の大きなトルクの印象を強調すること、クランク軸1回転につき1回爆発とタイヤに駆動力が倍の頻度でかかること、9,000回転くらいと4ストよりずっと低い回転数でピークパワーに達することなどが組み合わさって、加速力、加速感、スロットルレスポンスは4ストの比ではありません。怖いくらいです。 但し、ピークパワーに達すると直ぐに頭打ちになりますので、4ストのような息の長い伸びやかな加速感は得られません。 あと、2ストはエンジンブレーキが弱いです。個人的にはこの特性は好きでしたが。

1人がナイス!しています

1

2スト 正常でもオイルが減る スロットル開けると煙もくもくで煩いは正常 低回転ではトルクが細くて使い物にならない、高回転で走る 新車価格は安い もう作ってない 4スト オイルが減ると故障してる スロットル開けても割と静か 低回転でも割と乗りやすい(トルクが出てるものが多いイメージ) 同じ排気量だと燃費が良い傾向があると思う こんな感じ

1人がナイス!しています

1

2ストの方が速くて馬力出るけど、マフラーが膨らんでてカッコ悪いし、音が軽くてカッコ悪い 速さの2スト、カッコよさの4スト

1人がナイス!しています

1

2サイクルは1シリンダー当たりクランクシャフト1回転に1回爆発。 4サイクルは1シリンダー当たりクランクシャフト2回転に1回爆発。 単純に言うと同一排気量、同一気筒数なら2サイクルの方が2倍の馬力が出るという事になります。 実際には2サイクルは色々なロスが大きいので4サイクルの1.5倍の馬力程度になります。

1人がナイス!しています