プログラミングを勉強しています。勉強法について質問です。 完全独学で勉強しています(progate上級まで二周、動画解説の模写コーディング3つほど完了)。

プログラミング | HTML、CSS89閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

返答ありがとうございます。 本も読みましたが、デバックでリアルタイムでの動作をみるには動画コンテンツの方がよかったですね。 なので今は辞書的に使ってます。 1つ再現できたら、そのサイトを暗記するまでとりあえずやり込んだ方が良いでしょうか?

その他の回答(2件)

1

なぜここにline-hieht:1pxをいれるのか、なぜここはwidth:100%なのに、ここはmax-widthをつかってるのか、、など たいてい「どちらでもよい」が答えです。プログラミングは、いろんな書き方があります。どう書いても動けばよいと考えてすすみましょう。 これをつづけていると、だんだん、なぜ、そう書いているのか、意味がわかるようになってきます。

1人がナイス!しています

返答ありがとうございます。 すこし気が楽になりました。別な回答者が書いているのですが、相対尺度の単位などの理解が難しかったですね。 根気強くやってみます。

1

>プログラミングを勉強しています。勉強法について質問です。 HTMLはマークアップ言語、CSSはスタイルシート言語 http://ashtarte.pa.land.to/utf8/smt.cgi?r+twilight/&bid+00000289&tsn+00000289&bts+2022/01/01%2012%3A15%3A10& >完全独学で勉強しています(progate上級まで二周、動画解説の模写コーディング3つほど完了)。 >いざ、自分で模写しようとして、簡単なホームページ制作にチャレンジするのですが、回答をみても理解できないところが多々あります。 >なぜここにline-hieht:1pxをいれるのか、なぜここはwidth:100%なのに、ここはmax-widthをつかってるのか、、など。細かな疑問が多く、どうするのがベストなのかわかりません。恐らくですが、模写する人によって、結構癖があって、独特なコーディングをしているように見受けられ、それがかえって混乱してしまいます。 > >方向性として、、 >・いままでの完成した模写をもう一度復習し、ほぼスラスラかけるようにしてから再チャレンジする >・とにかくググりまくって、理解できるまで(煮詰きるまで)粘る >・別な模写をする > >などのパターンを考えてますが、どれが良いでしょうか。あるいは他の方法などあれば、アドバイス欲しいです。 本当に自分の作りたいサイトを(勉強のために)実用的なWebページで作ってネットで公開してみると良いでしょう(本当に自分の作りたいサイトならモチベーションも上がるでしょうから)。 逆に言うと、自分が本気でネットで公開したいサイトでないと、それだけの学習コスト(学習の労力)を掛けて勉強するのは難しいかもしれません、(もちろん 不可能と言うことでは無いですが)自分が本気でネットで公開したい、と言うモチベーションが有った方が学習に圧倒的に有利です。 自分が本当にネットで公開したいコンテンツが有るか、どうかも重要な要素になるでしょう。 基本的な注意点 (メディアクエリは除き)pxなどの絶対単位を使っていると「特定の解像度に依存する」ので、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)的には当然 マイナスになるので ご注意ください。 もしも フロントエンド(プロ)を目指すなら、(メディアクエリは除き)pxなどの絶対単位を使っていると「特定の解像度に依存する」ので、当然 プロとしては失格と言って良いでしょう。 pxなどの絶対単位を使っていると、なぜ SEO的にマイナスになるのか、なぜ プロとして失格なのかは、下記「ダメダメ・デモ」をChromeモバイル・エミュレーターで3000px解像度でチェックしてみれば一目瞭然です(表示が非常に小さくなる)。 モバイル・エミュレーターで解像度を変更したら、必ずリロードして下さい。 ダメダメ・デモ http://xd305417.html.xdomain.jp/demo/test/005.htm 自分が作ったページも「1k~3k」解像度でチェックしてみると良いでしょう。 PCフレンドリー・デモ http://xd305417.html.xdomain.jp/demo/test/003.htm Chromeモバイル・エミュレーターの操作法 http://ashtarte.pa.land.to/utf8/smt.cgi?r+sara/&bid+0000052B&tsn+0000052B&bts+2021/11/29%2015%3A52%3A51& Chromeモバイル・エミュレーターでチェックする場合、モニターは かえって1k解像度のほうが分かりやすいでしょう。 現状で1k解像度モニターが無い場合、(モニターが1600px解像度 以上なら)新規アカウントを作成し解像度を「800px~1280px」程度の解像度に設定すると良いでしょう(アカウント名は「1k」とかにして、そのアカウントは1k解像度専用にする)、1366px解像度 以下なら特に いじらなくても良いです。 (プロを目指す場合)ポートフォリオを作成するなら、PCにおいては「1k~6k」解像度ぐらいには対応すると良いでしょう、「レスポンシブ・デザイン対応、クロスブラウザ対応」も必須です。 なので、その「特定の解像度に依存しない実用的なWebページ」も、PCにおいては「1k~6k」解像度と、「レスポンシブ・デザイン、クロスブラウザ」にも対応させて、ポートフォリオの練習として作成してみると良いでしょう。 ブレイク・ポイントを念頭に置き、「PC、タブレット、スマホ」などのワイヤー・フレームを作る。 下記はワイヤー・フレームの一例です。 ※絵だけでなく「ほにゃららの画像」、「ほにゃららの文章」などのように注釈を付ければ更に分かりやすくなるでしょう。 https://images.app.goo.gl/c6DPhnTj5Xrw1GcQ7 ※3パターンの場合 スクールでは、一旦 pxでWebページを作らせてから、それをvwに換算させてWebページを作らせる授業をやってる所もあるようです。 Webデザイナーはpxでデザインカンプを作りますが、コーダーはpxをvwに換算しなければならないので、その練習として そのような授業をしていると思われます。 そのスクールのようにpxでWebページをコーディングしてモックアップを作った方がコーディグ・スキルとしては明らかに向上するでしょう(ただし凄く根性が必要ですが)。 なので、そのスクールのカリキュラムは、非常に考え抜かれたカリキュラムと言えます(根性派ならオススメ)。 (普通 そこまでの根性は無いでしょうから)pxでWebページをコーディングしなくても良いので、(Webデザイナーのように)pxでモックアップを作って、それをvwに換算してWebページを作成してみると良いでしょう(WYSIWYGエディタでWebページとしてモックアップを作ると分かりやすいでしょう)。 また、今まで自分が作ったWebページをモックアップに見立てて、それをvwに換算してWebページを作り直すのも良いでしょう。

1人がナイス!しています

長文での返答ありがとうございます。 モチベーションの大切さと最低限注意すべきポイントに関して説明ありがとうございます とりあえず、自分のブログを作ってみます! 失敗しても良いですしね!