ID非公開

2022/5/13 12:28

66回答

美容師です。お客様から担当の指名を変えたいと言われて落ち込んでいます。 わたしは歴6年目の美容師です。 先日から専属アシスタントの子がつくようになりました。

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。質問した日は落ちこんでいましたが、少しずつ消化できてきました。ベストアンサーは同業かつ前向きに励ましてくださった方へ。わたしももう少しアシスタントの子を、そして自分のやってきたことを信じようと思います。

お礼日時:5/18 0:18

その他の回答(5件)

0

そんなもんはクソほどあります。 反省できる点は反省し、今いるお客様に気持ちを向けるのがいいと思います。 私はグラフィックデザイナーですが、指名を外された事もあるし、後輩に取られた事もあります。逆に私の場合は取った事も多いのでなんとも言えませんが、お気に入りのお仕事や担当者様だった場合はそりゃ凹みます。 しかし、それも含めて本当のお客様探しなんですよ。 今は独立していますが、本当に心から繋がっている相性のいいお客様というのは、自分がどのような時であっても見捨てません。 私は先日お客様に「だって友達じゃん」と言われた時、涙が出そうなほど嬉しかったです。ずっとこの人の横で仕事がしたいと思ったほど。人として何かしてあげたいと思えるほど。お客様というのはそれくらいの存在なのだと思います。 私たち専門職はこの先、何年、何十年この仕事をするかはわかりません。 ですが、自分が力つきる最後の日、どれだけ多くの掛け替えのないお客様との出会いを築き上げられているのか。凄く楽しみです。 あなたはどうでしょうか。失ったものだけでなく、今いるお客様を大事にするべきだと思いませんか。さあ、あなたには今、どんなお客様がいますか?

1

美容室経営者です。 そのアシスタントとのコンビ解消を、オーナーに申し出るべきでしょう。 もし僕があなたの上司なら、アシスタントは交代させると思います。いや、あなたには専属は要らなかったですね。 「お客様を取られたくない」と思うことは決して変ではありませんし、もちろん悪いことでもありません。 理由はともあれ、後輩を応援できないスタイリストにアシスタントをつけたのは失敗です。 そのアシスタントが伸び悩んでしまいます。下手したら潰れます。 まだ6年のあなたが「遥かに歴が浅い」といったところで、カットの練習をしているくらいですから2年目以上でしょう? その子の成長があなたの減退を招くのだとしたら、その組み合わせは失敗です。 僕だったら6年やそこらの子に専属なんて最初からつけません。 3年後にはどちらの方が指名が多いかなんて分からないです。 あなたが「後輩に抜かれるのが嫌なわけではない。お客様を取られるのが嫌」だとすれば、コンビ解消しただけで丸く収まります。 あなたはまだ、「自分のお客様を集めたい、失いたくない」と思っているわけでしょうけど、それが健全ですし、それで良いのです。そして迷うべきではないし、顧客を集めよう、守ろうとすべきです。何も間違っていません。 顧客を後輩に譲って応援するなんて、高齢美容師か、指名が多すぎて困っている美容師のすることです。 文の書き方が難しかったですが、あなたを批判する意図はまったくなく、むしろあなたは頑張っているからお客様を失いたくないのです。 「私には荷が重い」という言い方で良いと思います。

1人がナイス!しています

0

アシスタントを持つと言う事だと思いますよ。もう1段上の状態に成ったと言う事だと思いますよ。中間管理職と言う感じかと。そこを越えるか越えないかだと思いますよ。性分(タイプ)と言う感じな所もあるかと思いますよ。任せられないとか。全て自分でしたいとか。 良くドラマで後輩、部下が、失敗すると、部下のせい、部下が成功すると、自分の出来高にしてしまうみたいな、そんな人なら気にしないのでしょうが。自分の売り上げは上がるし、仕事は楽になるしとか、他のお客様を増やせるとか考えられるかたは、経営者向きなんだと思いますよ。そうでないようなので(まだわからないですが)個人店で1人でお店を持つタイプなんだと思いますよ。タイプ性分なので、しかたがない部分だと思いますよ。変われるかどうか?モヤモヤは消えないかも? 例えば、浮気されたら、はい、次と行けるタイプと行けないタイプみたいな?

あと、コレクタータイプみたいな、育てていくタイプ。 洋服買って、長く丁寧に着て物持ちが良いタイプとか。 どんどん洋服あげちゃう人とかいますよね?そういうタイプなら悩まないかも?物離れが良いタイプっていうのですかね? お客様のタイプも色々あり、ずっと同じ人が良いタイプと、移り気なタイプとか、色々つまみたいタイプとか、そういう試練の時期にきたと言う事だと思いますよ。

0

アシスタントの子とも会話をするようになりましたからって、カットを頼んでみたいと思うのは、そのアシスタントの子がよほど魅力的なのかもしれません。他の子だったら起きない事象かもしれないと思いました。生まれ持った天性の人を惹き付ける能力がある人っているじゃないですか。 あとは取られてる感はありますが、言っても技術の差があると思うので戻ってくる人って多いと思います。戻ってこない人は技術じゃないところに魅力を感じてるひとで、単価も上げにくい顧客である傾向あると思うんです。美容で来てなくて雰囲気や会話が好きなので美容の優先順位は低くて、追加料金のかかる提案や商品説明が響かない人ということです。私としては入れ替えたい顧客です。年間の消費金額で見てるので単価が全てではありませんが。 モヤモヤは誰も悪くないから矛先を向ける方向が見つけられないんでしょう。矛先は自分に向けるしかないです。そのアシスタントってきっと凄いんですよ。スポーツ選手で凄い能力を持った若手が現れたときって先輩達って目を摘み取りにかかるか、共闘するか諦めて他の居場所を探すか。次の顧客獲得に意識を向けたほうがいいと思いました。

2

そういう事もあると割り切る 極端に言えば貴方の顧客だって、以前は誰かを指名して行ってたんだろうし その人にとっては気分転換です 貴方のことを信頼してるからこそだとも思いますし

2人がナイス!しています