ネットで原発推進の書き込みバイトが原発と火力発電とは構造自体が同じだと言っているのを見たのですが、それって本当ですか? ,

画像

3人が共感しています

ベストアンサー

0

文言に付いては温排水が一般的かも知れませんが、敢えて排熱水を使っています。 温排水と云うとあたかも風呂水みたいな感じですからね。  熱交換で温度は下げられていますが、タービンを回した後の水は非常に高温ですから熱水の方が適切でしょうし、しかも排出している事が重要だと感じたから、排の字を先にしてみました。 まあ、原発を推進したい人はイメージの軽い温排水を使いたいと思いますが。 あと、確かに原発は気温上昇に直接関与はしていない。 ですが海水温度を上昇させています。 そして地球温暖化は海水温度の上昇が、大きなウエイトを占めています。 気象と海洋は無関係手は有りませんから。 もちろん化石燃料による発電が良いって事では有りませんけどね。

その他の回答(9件)

0

自民党の原子力規制特別委員会(鈴木淳司委員長)が原発をめぐる安全審査の効率化などを求める提言をまとめ、山口壮環境相と岸田文雄首相に提出した。 政府の原子力規制委員会による安全審査は長時間を費やしながら、国内で再稼働した原発は10基に留まっている。 このため特別委は、合格した原発の審査結果を他原発の審査にも活用するなど、審査に対する予見可能性を高めるように求めた。 ロシアによるウクライナ侵略に伴い、世界的にエネルギー価格が高騰し、日本でも電気・ガス代の上昇が続いている。 こうした中で電力の安定供給と脱炭素につながる原発には、世界的に再評価の動きが広がっている。 岸田首相も原発審査の効率化に取り組む考えを示しており、提言の実現を規制委に働きかけて原発再稼働を主導してほしい。 行政における公正の確保や透明性の向上を目的とする行政手続法に基づき、規制委は原発の安全審査の標準処理期間を2年としている。 だが実際の規制委の審査は断層評価などに多大な時間を要し、審査の終了が見通せない状況にある。 北海道電力の泊原発の審査は9年に及んでいる。 自民党特別委は原発の再稼働に向けて審査の効率化を促すため、10項目の提言をまとめた。 鈴木委員長は 「規制委の発足から10年が経つにもかかわらず、未だに再稼働は10基しかないのが現実だ」 「規制委による審査は停滞しており危機感を強く持っている」 と指摘している。 提言は、原発が立地する自治体や電力会社に審査状況を丁寧に説明するなどコミュニケーションの強化が必要と訴え、海外の原子力規制に関する知見を積極的に取り入れるよう規制委に促した。 東京電力福島第1原発事故を受けて発足した規制委は、政府から独立して原発の安全審査を担う組織だ。 原発の安全性確保は欠かせないが、だからといって規制委は独善に陥ってはならない。 行政機関として審査の効率化や透明性が問われるのは当然だ。 2022年3月には東電と東北電力管内に初めて電力需給逼迫警報が発令され、大規模停電寸前に陥った。 電力の安定供給と電気料金の引き下げにも資する原発の早期再稼働に向け、岸田首相は強い指導力を発揮すべきである。 原発審査の提言 首相が再稼働を主導せよ 2022/5/18 5:00 https://www.sankei.com/article/20220518-N5ZDD26XINKNHINKQAO33BWZMY/ 経済産業省は2022年5月17日、電力需給逼迫が予想される場合に前日に発令する現在の 「警報」 に加え、 「注意報」 を新設する方針を固めた。 企業や家庭にいち早く電力需給逼迫の可能性を知らせて節電を呼びかけ、2022年夏以降の大規模停電を回避する。 警報と注意報の発令は現在の警報発令時間より早める他、前々日に電気事業者が別途注意喚起する仕組みも整える。 松野博一官房長官は2022年5月17日の記者会見で注意報を 「2022年夏までに導入する」 と強調した。 警報は東日本大震災後に整備された仕組み。 他社からの融通を受けても電力の需要に対する供給の余力を示す 「供給予備率」 が安定的な供給に必要とされる3%に届かないと想定される場合に発令する。 「注意報」 は、予備率が3~5%になると見込まれる場合に適用する。 経産省は東京電力管内の需給が極めて厳しくなるとして、初の警報を2022年3月21日に発令した。 2022年3月16日に福島県沖で起きた最大震度6強の地震の影響で一部の火力発電所の運転が停止して供給力が低下する中、2022年3月22日に気温低下で暖房需要が増えると見込まれたためだ。 ただ、供給予備率が3%を下回るかなどの見極めに時間を要し、前日午後6時頃としている警報の発令が2022年3月21日午後9時頃にずれ込んだ。 企業や家庭への節電要請も遅れ、 「周知が遅い」 との批判が出ていた。 経産省は注意報の新設に加え、前日午後6時を目途としていた発令のタイミングも2時間早めて午後4時に前倒しする。 警報や注意報とは別に、他社からの電力の融通を含めずに予備率が5%程度になると予想される場合、電気事業者が前々日の午後6時頃に 「準備情報」 を出す仕組みも新設する。 準備情報は一般的な情報提供の位置付けで、企業や国民に具体的な節電行動は求めない。 電力逼迫「注意報」新設へ 政府、大規模停電回避へ夏までに導入 2022/5/17 19:01 https://www.sankei.com/article/20220517-BKTKHM6L2BOGJLTYQJN7H32CT4/

2

原発と火力発電とは構造自体が同じだと言っているのを見たのですが、 それって本当ですか? かなり違うと思いますよ。原発は海沿いにしか作れないけど 火力この場合GTCCではなくて通常のガスタービンの場合ですが 冷却水が不要(非常用発電機の場合)なのでどこでも設置できますよ。 ちなみに東京都の六本木にある森ビルはビルの地下に ガスタービン発電機があり常時稼働してます。 停電しないビルとして有名ですね。 燃料に関しても火力はLNG、LPG、灯油、軽油、重油が使えます。 あと5年後には100%水素ガスタービンも出るし その場合燃料問題も解決ですね。 原発はウランしか使えないし早ければ2040年には 確認されてるウランの埋蔵量が26年しか持たないと言われます。 なので構造以外にも設置場所の自由度、燃料の種類に多様性 等火力の方が有利ですね。

2人がナイス!しています

2

知恵袋でも原発推進の専門家が、原発と火力発電とは構造自体が同じだって、あちこで言ってます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10261527815?sort=1&page=2 勿論それって大嘘です。 原発の熱排水は危険で汚くてDNAもダイレクトに傷つける、一番危険なトリチウムもコッソリ混ぜ込みます。 危険過ぎて通常は地域利用も出来ませんが、火力発電の排熱は放射能汚染も勿論ありませんから地域利用もトコトン可能なのです。 でも、火力発電の排熱を、トコトン利用して火力の熱効率をトコトン上げてしまったら、発生させた熱の大半を地球温めに使ってしまう原発の酷さが悪目立ちしてしまうので、原発推進自民党や維新の会等に牛耳られた我が国では、火力の廃熱利用等もってのほかだ!と、なっています。 ベースロード電源になる地熱発電も、他国には我が国のODAで造ってあげて我が国では阻止。 高コストな原発を推進し、我が国を疲弊させる輩がいます。 福島原発事故の被曝から三年目に、予想通り子どもたちの癌も激増状態。 被曝から二年目に増え始め、被曝から三年目には激増状態です。 火力発電ならそんな事は絶対にありません。 火力と原発とは根本的に違うからです。 https://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/kinoko/qa/seigenfukusima.html ■林野庁ホームページ ホーム > 分野別情報 > きのこや山菜の出荷制限等の状況について > きのこや山菜の出荷制限等の状況(福島県) 更新日:令和3年4月9日 きのこや山菜の出荷制限等の状況(福島県) きのこや山菜について、放射性物質の検査の結果、基準値(100 Bq/kg)を超えたものについては出荷が制限されています。出荷制限等の状況については随時更新してまいります。 ・こしあぶら 福島県の出荷規制地域 福島市 会津若松市 郡山市 いわき市 白河市 須賀川市 喜多方市 相馬市 二本松市 田村市 南相馬市 伊達市 本宮市 桑折町 国見町 川俣町 大玉村 鏡石町 天栄村 下郷町 只見町 南会津町 北塩原村 西会津町 磐梯町 猪苗代町 会津坂下町 柳津町 三島町 金山町 昭和村 会津美里町 西郷村 泉崎村 中島村 矢吹町 棚倉町 矢祭町 塙町 鮫川村 石川町 玉川村 平田村 浅川町 古殿町 三春町 小野町 広野町 楢葉町 富岡町 川内村 大熊町 双葉町 浪江町 葛尾村 新地町 飯舘村 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2557 ■福島の小児甲状腺がん275人〜がん登録で24人判明 投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 03/19/2021 https://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/kinoko/syukkaseigen.html ■林野庁 分野別情報 きのこや山菜の出荷制限等の状況について きのこや山菜の出荷制限等の状況について 林野庁は、きのこや山菜の各県の出荷制限等の状況について、取りまとめてホームページに掲載し、随時更新してまいります。 青森県(令和元年8月28日更新) 岩手県(平成30年3月28日更新) 宮城県(平成31年2月14日更新) 秋田県(平成25年6月16日更新) 山形県(平成29年8月28日更新) 福島県(令和元年9月5日更新) 茨城県(令和元年12月3日更新) 栃木県(令和2年2月25日更新) 群馬県(令和元年6月17日更新) 埼玉県(平成24年11月21日更新) 千葉県(平成29年2月15日更新) 神奈川県(平成30年3月28日更新) 新潟県(平成30年5月21日更新) 山梨県(平成24年10月26日更新) 長野県(平成28年5月13日更新) 静岡県(平成26年10月7日更新) 林野庁林政部経営課特用林産対策室 特用林産加工流通班 ーーーーーーー https://www.env.go.jp/chemi/rhm/koujyousenn.pdf ■環境省ホームページ 環境省3県調査 平成25年3月 特定非営利活動法人 日本乳腺甲状腺超音波医学会 甲状腺嚢胞、腫瘍等の保有率(A2判定)年齢別、性別 3~5歳 ■長崎、男、15.4%、女、11.5% ■山梨、男、77.8%、女、62.5% ■青森、男、23.1%、女、44.0% 6~10歳 ■長崎、男、35.0%、女、37.1% ■山梨、男、66.3%、女、69.7% ■青森、男、63.2%、女、64.7%

画像

2人がナイス!しています

3

また原発推進の荒らしが登場か。 たまには荒らさず質問に答えてみなよ。 ネットでキミのような原発推進の荒らしが、原発と火力発電とは構造自体が同じだと言っているのを見たのですが、それって本当ですか? 原発の熱排水は危険であり、通常は地域利用も出来ませんが、火力発電の排熱は、放射能汚染も勿論ありませんから地域利用もトコトン可能なのでは?

画像
2

原発の熱効率は30%程度で昔から変わっていませんが、最新のガス火力発電は60%を超えていますし、石炭火力発電も45%程度まで効率が上がって来ています。 どうしてこのような差が出るのかというと、原発は蒸気でタービンを回すだけなのですが、最新のガス火力発電は燃焼ガスでタービンを回し、余った熱で蒸気を作って別のタービンを回しているからです。 石炭火力が効率が高いのは、水を超臨界化してタービンを回したり、石炭から取り出したガスを燃焼させてその燃焼ガスでタービンを回したりするようにしているからです。 尚、原発はコストが高いという問題もありますが、火力発電と違って人体に有害な放射性物質を放出する事も大きな問題です。 原発推進派はトリチウムは大して害が無いと言っていますが、 https://www.kaiseiken.or.jp/study/lib/news99_02.pdf の「図1 東京,千葉の月間降水中トリチウム濃度の変化」と https://www.kyuden.co.jp/td_supply_denjikai-qa_leukemia-increase.html の「図1:小児の全ガン及び白血病による死亡率の推移」を比較すれば、トリチウムはWHOの指標値の10000Bq/L以下でも発癌性がある事を疑うべきではないでしょうか。 また、トリチウムは生体に蓄積しないと言う方がいますが、 http://shinikyo.com/img/file114.pdf を見てください。 それと、トリチウムがDNAに取り込まれた場合に、癌を引き起こす可能性がある二本鎖切断が起きやすい理由は、下の図の通りだと思いますので、どうか見てください。 また、再処理を行うと、桁違いの放射性物質が放出される事は、 https://cnic.jp/knowledgeidx/rokkasho を見て理解していただきたいのですが、原発の稼働によって放出される放射性気体も健康に大きな影響を与えているはずですですので、特に若い方は、これらの事についてもよく考えていただきたいと思います。

画像

2人がナイス!しています