ID非公開

2022/5/13 13:39

77回答

1日1箱のヘビースモーカーでも、食生活やその他の生活習慣によっては、癌の発症リスクを一般的な非喫煙者よりも低くすることは可能なんですか?

病気、症状113閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

リスクって言う点で言えば、タバコは確実に癌になるリスクを高くします といっても個人差があるから全員が癌になるわけでもないです もっとも癌になるのは60~70代になってから急激に増えます(高齢者の病気)から、もうしばらく待ってたら良いんじゃ無いですか、高齢になればぱたぱたと癌になる人が増えていきます あとは、喫煙の本当の害はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)で40歳以上の喫煙者のうち500万人以上がCOPDになっていると推定されてますが、自覚して治療しているのは5%もいません 元気そうに見えてもCOPDになっているか、あるいは一歩手前かもしれません

画像
0

こんにちは。 癌になるかならないかは体質によると思います。ただ、タバコはそもそもが発がん物質を含んでいますから、癌になりやすい体質を持った人が、他でどんな努力をしようと無駄だと思います。 癌にならない人は老衰で死ぬまで吸っていても癌になりませんからね。 癌にならなくてもCOPFにはなるでしょうから、高齢になって在宅酸素を利用する確率はグンと上がると思いますね。 私も一日40〜60本吸うほどのヘビースモーカーでしたが、2000年とキリが良いと思ったので、サクッとやめました。 白髪については関係ないです。 私の妹は非喫煙者ですが、35くらいから白髪を染めてますよ(笑

0

肺がん?は遺伝てきと 私も吸っていますが 身内にがんはいません 体にわるいのでは 文京区は外ではタバコすえません。

0

喫煙と因果関係がある癌は1種類しかありません。 ただ、たばこの煙には4700種類を超える化学物質が 入っているので、健康にはあまりよくありません。 病気になるかならないかは半分は運です。 私の叔父は98歳の大往生でしたが、ピースの缶を ずっと吸っていましたが癌にも心筋梗塞にも なってはいません。 ただ、遺伝的に特定の病気になり易い人はいます。 心配ならちょっと高いですが遺伝子検査を受けて 将来的に発症する可能性のある疾患を把握して置いた 方が良いかもしれません。

0

ニコチンの作用で末端血管が細くなるとのデータは確認されていますね。 個人の体質(遺伝含)にもよりますが、一箱/日程度なら気にされなくて良いと思います。 癌が云々と思うのであれば止めれば良いだけですしね。 ボクはパイプを吸います。 癌になったならそれはそれで構いません。 空気の良くないと言われる東京に生まれ育ち今さらタバコの害など気にしません。