ID非公開

2022/5/15 13:21

77回答

仕事したくない人と、仕事したい人の違いはなんですか?

補足

分かりにくくてすみません! 40代専業主婦です。働いていません。 子育てが一段落したら(あと1~2年ぐらい) 就活するのですが、昔は働きたい人だったのに、今は働きたいと思えないです。 まあ、働きたくても、働きたくなくても、就活するんですけど(子どもの進学費用のため) 昔は暇さえあれば資格試験とかキャリアアップを考えていたのが、今はやる気が出ません。 今のうちに再就職の準備をしておけば良いのですが…。 年齢的に正社員か契約社員かはこだわっていません。なんならパートでも構いません。 やる気の出し方を忘れてしまいました。

ベストアンサー

1
ID非公開

2022/5/15 14:12

1人がナイス!しています

ID非公開

2022/5/15 14:37

今の仕事、専業主婦があなたにあってるのだと思います。 私は専業主婦は耐えられませんので。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。確かに、おっしゃる通り、専業主婦生活に不満がなかったからかも知れません。

お礼日時:5/20 15:06

その他の回答(6件)

3

目的の違い。 今のあなたと昔のあなたでは環境も変わっていますしね。

3人がナイス!しています

1

違うようでしたら、すみません。 自分の部下が出来、仕事の指示を出す管理者になったからではありませんか。 50代で仕事を好きは、少数精鋭でライバルが居なく、自分の結果に満足しているのだと思います。

1人がナイス!しています

1

若い時は、期待に胸を膨らませていますから、誰でも仕事に対して積極的なんだと思います。 しかし、社会に出て年数が経過すると人によって仕事に対する意識に差が出てきます。 仕事したいという人に共通の思いは誰かの役に立っているという実感を持ち続けたいということです。また、人と関わることが苦ではなく、やっている仕事に喜びを感じています。 逆に仕事をしたくないという人は、仕事の目的が生活をすること、お金を稼ぐことになっています。そして、仕事を通じて誰かの役に立ってよかったと心から実感した経験もないはずです。 多分一般職の方が仕事をしたいという意識は持ちにくいと思います。言ってみれば他の人でもできる仕事ですし、誰かの役に立っているという実感も持ちにくいからです。何か手に職をつけて働いている人は、逆に人から感謝される場面も多いと思いますので、やりがいを感じやすいと思います。

1人がナイス!しています

1

知恵袋の自己紹介参照。 自分が思うのは、 質問文みたいな現象ならば、 20代の時は、 超えるべき相手とか はっきり目の前にいたからだと 思います。 自分も、古くは卓球の部活の 2.3年に、1年の自分が 2週間、自分で考えた そいつらを試合で倒せる トレーニングをしたら倒せた。とか、 (21対4とかで) 社会人になれば、 特に営業なんか、 成績も壁に張り出されますから、 先輩、先輩の先輩、主任、支店長。 (性格関係なく、個の成績で 部長までなれてしまう。 出世テーブルが、各支店に いつでも見れる様に置いてあった。 テレビ放送でも、挑戦的な社風と NHKに特番組まれた。) 一つずつターゲッティング する事が出来ました。 終わると、重鎮として残るか、 独立して気ままにやるか。 と言う道が残されてました。 後者を選びました。 = 多分、目的を失います。 例えば、手鏡工場があったとします。 そこのとある事業所長や 部署の課長とかは、 自分達の会社が、業界で 天下を取ろう。とかは、 思っていない様でした。 寧ろ、何かあって、 自分の役職を剥奪されない様に 気をつけよう。と、守りに入ってる 様子でした。 しかし、それだと、 手に入る限界の金や待遇も 自ずと決まります。 それ、手にしてて、 継続して入って来て当然。 そうであって欲しい。と考えます。 = ところが、 まだ仕事を続ける人は、 野心的か挑戦的か、 そもそも、その位置に興味が なくなったんです。 人生の楽園と言う番組では、 証券マンだったのに、 夫婦揃って、田舎に引っ込み、 カフェでも始めるとか。 あ、一生懸命やった、手に入れた 役に執着がねえんだ…と。 そうやって、自分らしく働いてるか、 もしくは、天下統一狙い。か、 単に動くのが好き。 定年になっても、暇だからと、 畑を作るなど、動いてる時間を 無理やり作り出す様な人です。 試行錯誤や調べるが好きなのです。 こらあ、キリがない人達ですよ。 自分の無知との戦いを 永遠に楽しんでます。 質問者は、確かに そんな人達ほど、 アグレッシブにはなりたくない 性格なのです。

1人がナイス!しています

補足読みました。 参考までにして下さい。 その様な場合、自分なら、 仕事=ゲームと考えます。 人生=ゲームと考えます。 色々な条件や制約が ありながらのゲーム。 例えば、個人宅訪問販売で、 必ず契約を取らねば、 生活出来ない。と考えて、 仕事をして、主婦業も行う。 と考えると、心が苦しいからです。 資格勉強とかも いかに短時間で 効率の良い勉強が 出来るかのゲーム。 したら、一日のタイムテーブルを まず考えます。 あれ、入浴は、 ラジオ英会話とか聞きながら 入浴した方が、効率が良いか? とか、 【運用】を見直すポイント。 とかも出て来ます。 (あくまで、大体の例) それには、これから就こう、 就けると思われる仕事も 情報洗い出しの必要性が あります。 例えば、10仕事経験した。 とかな人は、