団塊の世代は仕事以外にあまりに何もない、何も知らない人が多い気がしませんか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

私の周りなんですが、あまり何もする事なく、新聞も鵜呑み、料理も出来なければ、柔らかくなった床下に潜って根太も直せない、車のオイルも替えられない、とにかくあれもこれも全て餅は餅屋だと言いあらゆる分野に何も出来ず、すぐにお金を使うかあまり何もしないかの2択で、時間を使っているのだろう、と感じます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

今の若い子を見て逆に独立意識が強く、広く浅く沢山の事を手を出して、いざと言う時に他分野の転用が効くため感心します。 これは会社を出たら行き場がない団塊世代と真逆の生き方で、またアメリカ人など西洋諸国に近くなっている気がします。 アメリカのアップル社が世界で初めてスマホを出しましたが、こういうアイデアが湧く下地があります。 目が狭いより、様々な事を知っていて結びつけた方が社会は発展します。

お礼日時:5/22 7:11

その他の回答(3件)

0

そういう人も一定の割合でいるかもしれませんが、自分がまさに団塊の世代なのです。 仕事以外なにもない??そうですね、仕事以外で食っていけるような技術はなにもありません。なんでも知ってはいますが、プロにはとうていなれません。

若い子が色々チャレンジし、さまざまな副業(YouTubeやメタトレーダー、古屋のDIY賃貸なんかは典型)をするのに対して、1人では何も生産性がない気がし、彼らは長い労働時間と労働苦労の経験しかない気がして、確かにそれは立派なんですが、空っぽな気がします。 なんというか、人生の全てを労働に捧げてきた歯車、エコノミックアニマルといった感触です、今の20〜30代にはそう感じます。

0

しません 定年退職してのんびり趣味を楽しみながら悠々と暮らされてる方を大勢拝見しております

私の周りの人はまさにエコノミックアニマルが仕事がなくなり、家庭において何ら生産性がない人が多いんですよ。 以下の様な感じでしょうか。 料理?黙ってたら毎食妻が出すんでしょ? 家の不具合? 金がないからリフォームしないよ。 やり方なんて今まで見たことも聞いたこともない、組織に所属して金さえ貰っていれば今まで金の力で解決してきたから、それ以外の方法なんか知らないよ。