変額保険について。 先程ファイナンシャルプランナーさんがいらしてライフプランを立てた上での変額保険の話をされてきました。 そこでオススメされた保険が

補足

ご回答ありがとうございます 本当にその通りのご回答ですよね… やたら変額保険を勧めてくるのでいいものだと思ってましたが(ちなみに学資保険の代わりに変額保険がいいとひたすら押してきましたが、意味がわかりません) 私は最近積立NISAを始め、保険も分からないまだまだ勉強し始めなのですが、 ①保険は保険、投資は投資、と考えていいですよね?→それなら保険は掛け捨ての死亡保障でいいのでは?と思います→そしてそれならば、医療保険は、高額医療費制度があるから、いいのでは?と思います。ただ、まだ夫が何も保険に入ってない為、保険に興味はあります なのでそこで悩んでるのが(素人目線で言ってるので、何だそれ?て思う事があったらご指摘願います。優しくご指摘よろしくお願いします…^^;) 私が始めてる積立NISAを3万で夫も積立NISA始めるoriDeCo始めるがそれに2万→投資に5万で、掛け捨ての死亡保障に1万ぐらい?(そこは全く分からない分野)というのは可笑しい話でしょうか? 残り5万を、マイホーム貯金でも又は子供が産まれたら学資保険等にまわす(ここも素人で分からないです)等。 よろしくお願いします

生命保険285閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました! このFPさんからは保険は買わないことにしました!

お礼日時:5/21 20:06

その他の回答(3件)

1

なぜ変額保険に興味を持ってしまうのか不思議です。心理学でいう単純接触効果を利用されたかもしれません。人間は「これいいよ」と何度も言われると本当に良いように思えてくるんです。 収入保障保険があれば変額保険は必要ありません。資産は保険ではなく投資で形成しましょう。 変額保険を検討する場合は解約返戻率をよく見てください。3%の運用利回りでも元本割れですよ。こんなものに投資してはいけません。 掛け捨て死亡保障に月1万は一般的サラリーマンを想定すると高いです。遺族年金を考慮して不足分を保険で埋めましょう。 子供がいれば遺族年金は手厚いです。いなければそこまで高額な保障は必要ありません。 子供の教育費は18年程度の時間を取れるので、投資で形成するのが最も合理的です。 学資保険ではなく米国株式インデックス投資信託を検討してください。 毎月4万を5%複利で18年積み立てれば1400万になります。 医療保障はまずは県民共済から比較検討してみてください。

1人がナイス!しています

1

質問は次の2点でしょうか。 Q1 何しろ保険に5万…NISAの満額積立プラス死亡保障掛け捨て保険代の代わりと思えばいいの? A1 ファイナンシャルプランナーさんにとっては、手数料が多く入るオイシイ案件でしょうが、私なら入りません。 Q2 変額保険を投資信託の1部と考えるかどうかについて他の方はどう思ってるのか A2 変額保険と投資信託とを同じものと考えるべきではありません。 目的と手段がゴチャゴチャになっています。 資産形成によって経済的な安心を得たいのか、 死んだときのリスクに対して経済的なヘッジをかけたいのか、 手段を比較するのではなく目的をはっきりさせましょう。 Q3 一般的にはどうなのか聞きたくて質問しました。 A3 意外とファイナンシャルプランナー兼保険代理店のカモになる人は多いようです。

1人がナイス!しています

Q4 やたら変額保険を勧めてくるのでいいものだと思ってましたが(ちなみに学資保険の代わりに変額保険がいいとひたすら押してきましたが、意味がわかりません) A4 変額保険は、保険会社にとってはリスクを顧客に押し付けられるいい商品です。保険会社にとって顧客をカモにするような商品は、取り扱い手数料も高いので代理店としては一押しになります。 顧客が損をしても気が付かないし、ファイナンシャルプランナー兼保険代理店も儲かる商品ですね。 学資保険も無駄な商品といってもよいですが。