ID非公開

2022/5/15 22:18

44回答

こども(現在小1)の弱視治療について質問です。 3歳児検診のとき弱視判定され、そこから3年間、眼鏡で治療してきました。 小学校入学前の眼科受診時に、 もう、弱視は治っている。

コンタクトレンズ、視力矯正 | 目の病気146閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても分かりやすい解説とアドバイス、そして今までの労いのお言葉までありがとうございます! 感謝致します。m(__)m

お礼日時:5/23 9:52

その他の回答(3件)

1

弱視専門の視能訓練士という職の者です。 弱視は「遠視や近視や乱視のせいで視力が育たなかったこと」を言います。 お子さんの弱視は治っています。眼鏡をかけてA判定なのがその証拠です。 遠視などで見づらい時 → 脳が「見づらいのが当たり前」と思い込み、視力が育たなくなる → 眼鏡をかけても視力が悪いまま これが弱視です。 お子さんは 遠視などで見づらい → が、視力が育っているので眼鏡をかければよく見える という状態です。再び弱視になることは普通ありません。 この「見づらさ」は遠視、近視、乱視などで、眼球そのものの形が原因なので、すぐ変わるものではありません。体が成長すれば裸眼視力が出るようになる人もいますが、これは人それぞれです。お子さんがどんな状態かも分からないので、この点について回答はしづらいです。

1人がナイス!しています

1

うちも2歳の時弱視と言われ眼鏡を中学生までかけていました。今は裸眼でも1.5ありメガネ卒業になりました。 弱視ではなく眼鏡をかけたら視力が十分に出るんだと思います。もう少しかけ続けた方が良いと思います。 弱視に戻る事はないと思います。

1人がナイス!しています

1

弱視とはメガネやコンタクトレンズなどを使っても矯正視力が上がらず、かつ治療法が無い状態を言います なので弱視が治るということは理論上ありません、弱視になる危険な状態から脱したというのが正しいでしょう 上の定義ですので裸眼視力は関係ありません

1人がナイス!しています