ワームのテイル形状について。 ワームにはいろいろな生き物を模して、様々なテイルの形状のものがありますが、 日本の魚(ベイトフィッシュといわれる魚)を模したワームも数多くあると思います。

釣り | アウトドア131閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます。 大変参考になりました。 確かに、私が見たワームも ・ドジョウみたいに細長い形状 ・ジグヘッドセットでラインアイが上向きになり抵抗を受ける ものでした。 個人的に尻尾形状のワームでの利用方法を想定した場合も、 ・デッドステイや水面でのピクピクアクション ・逆ワインド形状のジグヘッドによるバイブレーション的な動きの付加 など、一般の方が通常に使う方法で行くと、扱いにくいものになりそうです。 ただ、ヤマセンコーとかの派生的な位置づけで、もう少し種類があってもいいかなとは思っていました。(あぁ、でも尻尾形状だと水平フォールが難しいのか・・・)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様色々教えてくださってありがとうございました。 どの方も有用なご意見をいただき、皆さんにBAしたいところですが、 それは無理なので、最初に具体的な情報をいただいた方をBAとさせていただきます。 ありがとうございました。

お礼日時:5/23 13:29

その他の回答(4件)

0

そりゃ推進力の方向?推進力の出す位置?が違うから 魚は尾びれで駆動してるけど、ワームは前から引くよね! プラグも全部そうだから、 仮に逆に推進力を同じ尾びれにしようとしても、今から前後逆の作り込みも難しいし、販売面でも、後ろ向きに泳ぐ魚は居ないから、今度は人間が釣れずに買わないんじゃ無いかなぁ? 又、ルアーって、シルエットと音で魚が喰うのはわかってるから、外人は雑い割りに機能はキチン求めるから、尾びれは、音と水平姿勢での上下運動重視になってるの。 更に、どうしても前から引くので、魚の吸い込みが後ろ向きになるから、 イメージして欲しいんだけど、尾びれ型にすると喰い込みが良く無いの ビッグベイトも尾びれ柔らかいでしょう! ですので、余りメリットか無いので作らないと思ってます。

ご回答ありがとうございます。 吸い込み時の抵抗になるというのは、確かにそうですね。 他のご回答者様もそうですが、やはり形状的にメリットが少ない事が理由なのですかね。

0

一誠のライアミノーのテールについてる抵抗体を切ったものがそんな形ですね。 抵抗体を切ったときはほとんどテールが水を押してる感じがしないので、動きという面では余り好まれないのかも知れませんね

画像

ご回答ありがとうございます。 確かに、尻尾形状をしていますね。 やはり動きありきだと、この形状は好まれないのですね。 ただ、にしてもあまりにも種類が少ないのが不思議です。

0

形状を見た目でアピールするか、動きでアピールするかで違うと思います。 見た目と動きが両立(?)していそうな形状としては、ハドルテールが引かいのかなと個人的には思いますが、動きは一般的なシャッドテールと比べると水押しはかなり弱いので動きでのアピールは落ちると思います。 生き物に似せたルアーだけが、釣果が出る訳では無いので、 状況に合わせたルアー選択の1つだと思います。 フィッシュアローのフラッシュJハドルはハドルテールのワームです。 他にも「ハドルテール」で検索すれば、HITすると思います。

0

波動などが生まれにくく、アピールしにくくなります。あと、調べた中でも知ってる中でもそんなワームはありませんでした。

回答ありがとうございます。 確かに波動は弱そうですよね。 ただ、それであればナチュラル系ワームとして、よりリアルなイミテートはアリだと思います。ここまで無いっていうのがなんだか府に落ちないんですよね。 海外製品で【crazy sand eel】というジグヘッド付きのワームがありますが(DUOのハウルみたいなやつ)、このワームのテイルが若干魚の尻尾形状をしてて、めちゃくちゃ動きが良かったので、他のワームで代用できないかと考えていました。