回答受付が終了しました

教員免許更新廃止について 旧教員免許をもち、10数年前に6年ほど講師として働いていました。 その後職を離れましたが、再び教員として働きたいと思っています。

資格364閲覧

回答(4件)

0

これまでだったら30時間の更新講習を受けて休眠状態の旧免許状を”復活”させる必要があった。だけど更新制度はもうすぐ廃止されます。なので、もう一度授与申請を(数千円かかる)すればよいだけになるはず。ただ、いつからなのかは県庁の教育局の教員免許のセクションに電話して確かめたほうがよいと思います。たくさん電話がかかってきているので担当者はすぐにこたえられると思います。

0

有効期限が付されていない旧免許を所持しているならお考えの通りです。

0

これについては質問者様が何の免許をいつ取ったのか?と言う事に関係して来ます。 現状の最新情報によると、教員免許更新制開始以前の旧免許を持っている人については、ほぼ全員が7月以降は更新講習が必要なく免許の効力が復活します。 が、2つの点に注意する必要があります。 まず1つ目ですが、2000年以降の特例措置で高校情報及び高校福祉の旧免許を持っている人については、復活することなく免許は消滅する事になります。 この条件に該当する人は、6月末までに何とかして更新講習を終えておく必要があります。 ちなみに2000年からの情報と福祉の特例措置って言うのは、教科として情報科と福祉科が新設されるのに伴い、この2つの免許に限り、一時的にですが簡易的に免許を取る事が出来るようになった特例措置が実施されました。 この簡易的な特例措置で免許を取った人だけは期限が切れている人は復活しません。 また2つ目ですが、7月からは更新講習は廃止されますが、来年4月からは"新たな研修制度"がスタートする予定です。 この研修制度では、これまでの研修参加履歴を1人1人管理されてデータベース化されますが、この研修参加履歴に、更新講習は含まれる予定です。 なので更新講習に参加していると、来年4月の時点で、今年の研修参加記録有り。と言う状態になり、更新講習に参加していないと、今年の研修参加記録はなし。と言う事になります。 まだ新たな研修制度の概要が完全に発表されていないため、この1回の研修参加記録がどの程度の意味かあるかは分かりません。が、一応研修記録にはなるよ。とは思っておいて下さい。 とりあえずは質問者様は、情報か福祉の特例取得した旧免許でなければ、7月以降は旧免許は免許の効力が回復しますよ。 仕組みとしてはそんな感じですね。

0

今の報道だと休眠中の旧免許(更新義務がなく更新していない旧免許)はそのまま復活するようです。 更新講習自体なくなり、失効した免許は再申請手続きのみのようです。 しかし、有効な免許と休眠中の旧免許はそのまま一生有効な免許となるようです。 (私としては期限消してほしいけど…まあ専修取ったら期限書いてないのになりますが。)