ID非公開

2022/5/17 9:19

33回答

江戸時代の頃のお寿司は現在の貨幣価値にして、どれぐらいの値段だったんですか?庶民には手が届かない御馳走?

日本史 | 料理、食材65閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

江戸時代の握り寿司。 屋台で一般町人が立ち食いで食べるファストフードでした。 通常、一貫は8文でした。 (そばの値段は16文) *1文は現在の価値で言えば20円前後ですので、握り寿司1貫は160円前後でした。 いまの握り寿司よりだいぶ大きいものでした。 2倍~3倍です。

画像

その時代の寿司のネタは、 江戸時代の江戸前寿司とは、 江戸湾(東京湾)で獲れた、 エビ、コハダ、白魚、たこ、いか、たい、アナゴ。 屋台ではすでに握ってある寿司を並べておき、客はそれから選ぶシステムです。 いまの弁当屋のようですね。

1

江戸時代は立ち食い蕎麦と同じで、一般の人が気軽に食べるものです。 最初の頃はお金持ちや武士は、みっともないので手を出さ無いものでした。 屋台で一個60ー150円ぐらいでしょうね。 お店でその3倍ぐらいです。 お店で出す様になり高級感が出たものの長く大きかった様です。 https://www.cookdoor.jp/sushi/dictionary/21602_sushi_002/ https://edo-g.com/blog/2015/11/sushi.html/amp

1人がナイス!しています