シャッター速度って、どのように現場で判断して決めているんですか?

画像

デジタル一眼レフ | デジタルカメラ197閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありとうございます。 数ある回答の中で一番わかりやすかったです。 経験を積むことにします。

お礼日時:5/18 8:35

その他の回答(11件)

0

鳥の飛翔の場合は、1/800から1/4000秒位で撮っています。 鳥の種類で、羽の動きの早いものでは、1/2000秒~1/2500秒、 一般的な鳥で、1/1000秒から1/2000秒で撮りますが、 今まで撮った画像からどの程度の羽の動きを出すかによっても決めます。 羽の動きを少し振らして躍動感を出したい時は1/2000秒前後で、 羽を完全に止める場合は、1/4000秒以上です。 これは経験から決めています。 羽の動きで、トップの位置と、一番下段の位置にある時は遅く、 羽が体の横に来ている時は速いです。 添付写真は、1/2500秒です。

画像
0

>その瞬間でしかとれない鳥があった場合、テストできませんよね? その通りですが >たとえば、ネットニュースにあったツバメの写真。 例えば、というのに適してませんよ(笑) 親鳥がひなに餌を与えるのはこの一回だけではありません、よね。 待っていれば数回、同じようなチャンスはおとずれる。 現場でどういった状況かを判断し、観察し、試せるので その瞬間でしか!には当てはまりません。 ひな鳥の口に餌を与えるのに、そんな1/何千sと言った 瞬間移送してるのかな? また、羽ばたきは速いだろうし、 餌(虫)を空間で捉えるシーンだととんでもなく難しいけど、 餌を与えるこの瞬間は、この位置のこのポイントに来てくれるわけだから そんなに難しい事ではない。 餌を与えるために、この空間3次元的に考えて そこでホバリング(静止)しているようなモノ。 ボールをかなり速い速度で上に投げても、 最頂点では、ボールは落下に移る前にそこで静止してるのと同じ。 浮いてるけどね!(笑) 速いシャッタースピードはいらない、ってことになる。 要は、この巣の前での写真は 巣までの高さ(距離)で、この大きさに捉えるのに 200mmレンズを使ったとしよう。 ならば、鳥を止める事でなく手振れしないよう1/250s辺りより 速いシャッタースピードで撮ってみた! するとそれなりにホバリング中の親鳥もなんとなく止めて撮れた。 ってなところかな? 親鳥はブレてるのでそんなところです。

0

大体は勘で決めますが、少し速めの1/1000程度で止められなければ1/4000等へ。 1/100から上げていくよりも速い方から下げてくる方がいいでしょう。

0
ID非公開

2022/5/17 19:35

質問者がどうしても静止させたいのであればシャッター優先で一番速い設定にすればいいです。 あとはカメラが絞りとISO感度を決めてくれます。

0

正攻法 1.レンズの焦点距離やセンサーサイズに合わせて、被写体距離何mの位置で何cmの動きまでなら、許容錯乱円の範囲に収まるか計算 2.被写体の動く速さを計算(秒速何cm) 3.1と2から被写体が動いても許容錯乱円の範囲に収まるSSを計算 いちいち現場で計算なんてやってられないので、事前に上記の方法で 焦点距離何mmのレンズだと何m先で秒速何cmで動く被写体ならSSいくら といった計算表を用意する。 でも、被写体が撮影者に対して上下左右の平行移動とは限りませんし、前後(遠近)方向はAF性能や被写界深度も影響します。 結局のところ、現場ではアドリブ必須になるので、参考値にしかなりません…うわぁ 結局のところ、勘と経験かよ… (おまけ) >1/200→1/300→1/500・・・ と 現場でなるべく少ない手数で合わせる際は 1段(1クリック)ずつ早くする(遅くする)のではなく ・まず余裕をもって確実に止まる速度で撮る(ここでは1/2000) ・ある程度一気にSS落として、(ここでは1/250)被写界深度を稼いでみる →1/250だとブレた 1/2000と1/250の間の1/725ぐらいを試す →1/725だとブレた 1/725と1/2000の間(1/1200ぐらい)を試す 1/725だとブレない 1/250と1/725の間(1/500ぐらい)を試す …以下くり返しで間を試していく といった方法(挟み撃ち法、挟み込み法、挟叉法と言います)が確率的に試行の手数が少なくなります。