マリウポリ製鉄所の残存兵約260人が投降、ウクライナは救済策模索。

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

3

ウクライナ軍にとっては、地下壕に立て 籠る意義は、もう終わったと考えている と思います。命を賭けて、全滅する程ま でに戦わなくても、もはや関係はない。 今までの働きで十分に戦果を挙げた。敵 を引きつけて、よく戦った。 ウクライナ軍は、圧倒的に優勢です。後 はロシア軍を追い詰めて、まずは、東部 州から追い出す。今はイジュームを取り 囲んで補給路を断った。ロシア軍の損害 は3分の1に達した。過去の戦争では 30%の損害を出した軍は撤退する、と 決まっていたものだ。実質、全滅状態に あるのだ。 ゼレンスキーは8月までに全土から、ロ シア軍を撤退させられると見込んでいる。 それと、プーチンの病気は白血病の末期 的症状らしい。余命は半年間か? ロシア周辺国、ベラルーシなどは、プー チンとの距離を取り始めた。 軍だって、いつクーデターを起こすかも 知れない。 実際、ロシア各地では不審な火災が続い ている。

3人がナイス!しています