ギターのエフェクターボードの初心者です。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

すみませんちょっと説明不足で、ブースターも、機種、使い方、役割で、配置する場所も様々です。 歪みブースターなのか、クリーンブースターなのか、そこら辺もしっかり、自分のやりたい事と、何が出来る機種なのかしっかり把握しましょう。 参考までに、歪みブースター、ゲインブースター、まぁ簡単に言えば歪みペダルですね。 それは歪み量の増加が目的なので、基本的にはプリアンプの前1択になりますが、クリーンブースターは、使う人によってかなり位置が変わります。 何をブーストしたいのか、歪みなのか音量なのか、しっかり把握して使いましょう。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

mor…さんはじめ、皆様親身にいろいろアドバイスいただき、感謝いたします。 非常に勉強になりました。 結論としては、ブースターとボリュームペダルを併用する構成で考えていきたいと思います。 試行錯誤を繰り返しながら、ボードの沼に浸りきるしか道は無さそうですね。

お礼日時:5/18 21:27

その他の回答(5件)

2

必要性といわれると、あなた次第という回答になりますが。。。 併用してボードを組むのは”あり”です。 ブースターにはそれぞれの個性がありますし、アンプをプッシュしてより歪ませる使い方なんかもあるし、それ自体が軽く歪む機種もあります。ハリのあるクリーントーンを狙うってのもあります。 ボリュームペダルはギターのボリュームノブを回すのと一緒ですね。 (*‘∀‘)

2人がナイス!しています

1

ボリュームペダルはほとんどのモデルが音量を上げることができないので、 もしブースト的に使うなら、初期位置をmaxにしないなどの工夫が必要になります。 その形状より、ボリュームペダルは音量に時間変化をつけるのが得意で、ブースターは一定の量を一瞬で上げ下げするのが得意です。 どっちが良いかは、用途によって選べばいいと思いますし、必要なら両方使います。 ボリュームペダルの機能をスイッチ操作化した、パッシブボリュームというエフェクターもニッチですが存在します。

1人がナイス!しています

ご説明ありがとうございます。 音量を瞬間的に、継続的に上げるのならブースター、ある程度の時間で上げ下げするのならボリュームペダルということですね。 参考になりました。 結局、曲や使い方によって必要か否かの判断ということを理解しました。 ありがとうございました。

1

ブースターのスイッチはオンオフしかありませんが、ボリュームペダルは踏んだ量に応じた段階的な調整ができます。また、ブースターは多くの機種が特定の音域や音量を上昇させる狙いがある場合が多いですが、ボリュームペダルは単に音量を上げる・下げるという調整機能のみの場合がほとんどです。 使い方が異なりますので、併用の必要性はあります。

1人がナイス!しています

ありがとうございます。 併用した方が、マルチに対応できそうですね。 ボードの構成を再検討いたします。 つなぐ順番は、DRIVE系・空間系エフェクター類→ブースター→ボリュームペダルということでよろしいのでしょうか?

1

ブースターは音をドライブさせる物ですよ。

1人がナイス!しています

1

>ブースターとボリュームペダルはどちらも音量を上げ下げする似たような機能と思われます。 自分は別物だと思って使い分けています。 ゲインブースター、クリーンブースター、ボリュームペダル、イコライザーの4つをそれぞれ使い分けています。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました