回答受付が終了しました

将来の夢が無いのは悪いことでしょうか。

将来の夢161閲覧

回答(16件)

0

なまじ勉強が好きか嫌いか別にしても頑張れる子でもあって、学力面では何でもできる可能性があると。 ①将来の夢がないという人は結構います。 質問主さんは(失礼ですが)精々まだ15年くらいしか生きておらず、あなたが聞いたことのない職業や趣味はまだまだ沢山あって、高校大学就職後に知って興味を持つ可能性だってある。海外旅行先で出会ったという人や定年間際に閃いた人もいます。焦らなくても大丈夫。 「とりあえず②で決めた志望校に入学するのが夢」「入学したら次の夢を考える」って思ってもいいと思いますよ。 ②「家から徒歩・自転車圏内」「前期選抜で余裕で受かりそう」「制服が好み」「学費安い(公立県立国立)」とかの理由で決めてもいいんです。 今よりも勉強をあんまり頑張りたくないならトップより少し下ランクの学校に行ってもいい。

1

将来の夢がないのは気にしないでください。 えらそうなことを言える人生を歩んでいるわけではないのですが、 若い皆様に知っておいてほしいことがあります。 日本の教育システムって、実はすごく残酷なんです。 小さい時は、 みんなと仲良くしましょう。 人をいじめてはいけません。 困っている人には親切にしましょう。 と、大事に大事に育てます。 学校の勉強も、 五教科に特化した内容を繰り返し、 社会に出てからのことなんてほとんど教えません。 学校の先生は決して万能じゃないんです。 そのうえ、 ある一定の時期になると、 世の中にどんな仕事があるのか、 あなたにどんな適性があるのか、 ほとんど教えることもなく、 「自分に合った仕事を選びましょう。」と、 一方的に社会に放り投げます。 社会に出ると、 当たり前に競争社会です。 当たり前に社会人としての資質を求められ、 他人を蹴落としてでも、 時にはだまし討ちのようなことをしても、 結果がすべて、結果、結果、結果です。 そんなシステムですので、 疲弊してすぐに若い方が職を転々としてしまうんです。 子供たちのなりたい職業ランキングが、 この数十年変わらないのにはそういった背景があると思います。 目で見える範囲の仕事しか知らないんです。 間違っても、 輸入した青いバナナを、 美味しく黄色く熟させる専門のお仕事があるなんて知る由もありません。 私は、 東日本震災以後、 興味を持った防災の仕事に就いています。 自分たちの仕事が、 災害時には人さまの命に直結しますので、 毎日真剣に、楽しく仕事をしています。 私がこの仕事に巡り合えたのは41歳の時です。 間違っても私の周りで、 「大きくなったら防災の仕事がしたいんだ。」 なんて言っている子供を見たことがありません。 前置きが長くなりましたが、 若い皆様にはぜひやってほしいことがあります。 まず、 世の中にどんな仕事があるのか、 徹底的に調べる時間を作ってください。 そして、 興味を持った仕事、 やってみたいかなと思った仕事をピックアップして、 その仕事に就くにはどうしたらいいか調べてください。 きっと、 いろいろな制限があると思います。 それは年齢だったり、 学歴だったり、 資格だったり、 性別だったり、 国籍だったりすると思います。 そこで初めて、 「自分のための勉強」をしてほしいのです。 そうやって就いた仕事だったら、 きっと長く働けるでしょうし、 仮にうまくいかなくても、 そこまでして就いた経験は、 必ず若い皆様の糧になります。 もう一度言いますが、 私が今の仕事に就いたのは41歳の時です。 皆様はまだまだお若いのですから、 いくらでも、どんな道にでも進める可能性があります。 たくさん自分のための学びの時間を取り、 そして素敵な社会人になられてください。 社会の端っこでお待ちしています。 頑張ってくださいね。

1人がナイス!しています

0

①夢がなくても悪い事ではありません。 夢は叶えた人もいれば、途中で挫折する人もいます。 ないなら一生をかけて探していくのが一番楽でしょう。 見つからなくても仕方ないし、逆に見つかったらそれに向かって全力で走ればいいだけですから。 ②勉強が趣味って人もいますが、ほとんどがあなたと同じでとりあえず周りがこうしろと言うから高校を目指すと思います。 ただ高学歴な方が高収入な仕事に就ける可能性は広がります。 あなたが将来の夢が大学、あるいは高校卒業しても見つかりそうに思えないならば、ランクを下げて余裕ある学生生活を楽しむ方がいいと思います。 逆に将来もしかしたらあの会社に入りたいって思うなど、明確な目標が見つかる予感がするなら、進学率が高い学校で自身を鍛えられてもいいでしょうね。 どちらを選ぶにせよ、必ずメリットとリスクがあります。 高校、大学卒業まであと7年あります。 ゆっくり精査してあなたが後悔する事が少ない道を探してください。

0

①まだ社会経験が少ないのだから夢がなくても当たり前。 夢ではなく人生設計を立てることを勧める。 どんな夢であっても先立つものはお金。 夢がなければ自分の得意な能力で収入を増やせる方法を見いだすべき。 ②社会的信用の高い学校を勧める。いわゆる名門校。 あなたのことを知らない人は、あなたの学校の信用度であなたの人物像を予測する。 社会では信用がお金につながる。信用は一生影響し続ける大切なこと。

0

将来の夢とはどういうものでしょうか? 中学から高校を受験する場合、ほとんどの人は自分の成績から受かりそうだと思う学校を選びます。 しかも、その高校に合格しなければ希望の進路に進めません。 取り敢えず、あなたが合格出来る高校の一つ上の普通科を目標にしておけばいいと思います。 どんな職業につきたいかは高校で考えればいいのです。 今のあなたが将来の職業を選択するとなると今知ってる情報から選ぶ事になります。 その狭い視野で決めずに高校でもっと視野を広げて、将来の方向性を決め、大学に進学するというのが一番良いかと思います。 それであればあなたの周りの人が言うように出来るだけ偏差値の高い学校に進学する方が将来の選択肢が多くなります。 いま、決められないなら将来いろいろ選べる様になるべきですよね。