ID非公開

2022/5/18 20:19

33回答

はじめJALとANAの航空券の株主優待券をもらいました。

飛行機、空港99閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/5/18 20:42

わかりやすい説明ありがとうございます。 我が家は出張で使うこともないし、急に飛行機乗るようなこともないし、飛行機での旅行も年に1度パックで沖縄行く程度なので、なかなか使うタイミングがなく、また本当に得なのかよくわからずにいました。 確かに、半年先の予定は立ちにくいので、そういう意味では融通の利く株主優待券の方が良いんですね。 せっかくなので一度計画を立ててみたいと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:5/18 20:43

その他の回答(2件)

1

株主優待券は、半額チケットではありません。 株主優待運賃が使えるようになるという事です。 この株主優待運賃は、割引が無い普通運賃のおよそ半額程度の価格設定となっています。 金額だけ見れば、早割系の方が安いことも十分あり得ます。 しかし、条件面で見れば株主優待運賃はかなりお得です。 例えば変更が可能だったり、キャンセルの際の払戻しも最低限の手数料で可能、貯まるマイルの比率も高いなど、割引が無い普通運賃並みの好条件の運賃なのです。 早割系の運賃の場合、変更が不可(変更したい場合は一度キャンセルしてから買い直し)だったり、キャンセルの際の払戻手数料が高かったり、貯まるマイルの比率が低かったりします。 株主優待運賃を使うか、早割系の運賃を使うか、パックを使うか。 どれも最安値になる可能性がありますので、ご自身で比較なさると良いでしょう。

1人がナイス!しています

1

>航空券の定価の半額と言うことですよね? 違います。株主優待の金額です。 確かに、その金額は普通運賃のほぼ半額です。 >定価の半額のほうが高いと言うこともあり得るんでしょうか あります。早期割引運賃で買えれば、そちらの方が安い場合が多いです。 何が得かは、利用する人の考え方次第です。

1人がナイス!しています