ガンダムSEED Destinyにザクが出てくるけど、 あれ、何というザクですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

ガンダムSEED DESTINYに登場する モビルスーツの紹介サイトがある。 http://www.gundam-seed-d.net/02cool/mechanics/index.html ウィキペデアにザクウォーリアの解説記事がある。 ↓ ザクウォーリア(ZAKU WARRIOR)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』及び関連作品に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。 「プラント」の軍事組織「ザフト」が運用するCE73年からの主力量産型モビルスーツ(MS)。 バックパックの換装機構による高い汎用性を持つ。 一般機のカラーは緑だが、劇中ではルナマリア・ホークが搭乗する赤いザクウォーリア、レイ・ザ・バレルが搭乗する白いザクファントムなど、パーソナルカラーに塗られた機体が多数登場する。 「ザク」の名のとおり、その形状や設定は宇宙世紀シリーズに登場するジオン公国軍の「ザクII」を参考にしており、メカニックデザインもオリジナルのザクを担当した大河原邦男が行っている。 ただし明確な差異も存在し、たとえば宇宙世紀のザクが右肩にシールド、左肩にスパイクアーマーを装備しているのに対し、C.E.のザクは右肩がスパイクアーマー、左肩がシールド(後述する上位機種のザクファントムは、両肩にシールドを装備)という逆の構成となっている。 また、宇宙世紀版は出力の関係でビーム兵器が使えない設定だが、C.E.版はビーム兵器が使える設定で有る。 さらに宇宙世紀版が『機動戦士ガンダム』の時点で旧式化しつつあるのに対し、C.E.版は機種転換中の新型機という位置づけとなっている。 本項では、上位機種であるザクファントム及び、関連作品に登場する派生機についても解説する。 製作エピソード 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』アニメーションにおける設定画は大河原邦男が担当した。 大河原はインタビューにおいて、デザインにおいては盾の部分で苦労したと語っている。 大河原は両肩にこの装備を取り付けた際はアニメーターへの負担が増加するのではないかと感じたものの、監督である福田己津央が行いたい演出があった事から、決定稿では採用したという。 また、ザクに見えるが細かい所ではザクではない、ジンの流れも汲んだ『SEED』の流れの線上にあるものとしたと語っている。 また、ヘルメットはドイツ軍のものを意識。その上部にある突起は福田が描いたラフにあったものであるという。 設定製作部によれば、ザクウォーリアのアイデアは福田己津央によるものであり、「ザク」の登場は製作スタッフ内でも賛否が別れたという。 加えて、差別化のためザクウォーリアは換装機構やザクファントムのような上位機種を個別に設定したとされる。 また、バンダイの狩野義弘はインタビューにおいて、前作『機動戦士ガンダムSEED』においてはバンダイの提案から複数のガンダムを登場させたために他のMSの人気に課題を残したことから、シリーズ第一作のザクのような人気機種を登場させようと打診した所、リメイク的な機体である「ザクウォーリア」が誕生したと語っている。 序盤においてはセカンドステージシリーズのガンダムよりも活躍を優先したことから、放送当時の商品セールスは良好だったという。 一方で、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の監督である福田己津央はインタビューにおいて、サンライズの宮河恭夫から『ザクのようにヒットする機体を出してくれ』と頼まれたところ、ザクそのものを出そうと決定したのだと語っている。 福田は宇宙世紀以外にガンダムタイプが登場するケースがこれまでにあったことから、ザクを登場させる試みをしてもいいのではないか、という発想でザクウォーリアの登場に踏み切ったと語っている。 尚、福田は第一作『機動戦士ガンダム』に登場するザクが量産機でありながらも、シャアの搭乗によってキャラクター性が確立されていた点を踏まえ、ザクウォーリア(ザクファントム)においては『DESTINY』からのキャラクターのほか、前作『SEED』からのキャラクター搭乗も行ったと語っている。 設定解説 Zaft Armored Keeper of Unity ザフト・アーマード・キーパー・オブ・ユニティ[5] = 「ZAKU」(装甲に身を固めたザフトの統一の保護者)は、ユニウス条約後に開発された「ニューミレニアムシリーズ」に属する機体である。 元々は前大戦末期に量産機初の核動力MSとして設計されていたが、ユニウス条約で定められた「ニュートロンジャマーキャンセラーの軍事利用の禁止」を受け、駆動方式は従来のバッテリー方式に設計変更された。 原型機が採用していたPS装甲も不採用となっているが、機体の装甲は大気圏の突入に耐用する堅牢性を保持している。 機体の一部には移民した元オーブ連合首長国技術者のノウハウを取り入れ、ザクは、まさにニューミレニアム(新千年王国)の名の通り、栄光あるコーディネイターの未来を担う機体であるとされ、1000の形式番号もかけて「サウザンドシリーズ」とも呼ばれる。 最大の特徴は「ウィザードシステム」を備えている点で、単一の機体を様々な局面に対応させる事が出来る。 カタログスペックは地球連合軍のGAT-Xシリーズを上回る。 基本性能においてはGAT-Xシリーズを凌駕する。 劇中の活躍 ザフトではルナマリア・ホーク、ディアッカ・エルスマンなどが乗機とし、オーブの民間人だったアスラン・ザラもアーモリーワン襲撃やユニウスセブンの破砕作業に際してザクウォーリアに搭乗した。彼等はこの機体で、ファントムペインに強奪された3機のセカンドステージシリーズ、カオス、アビス、ガイアと互角以上の戦いを繰り広げた。外伝ではアニメ本篇よりも早い時期に完成(所有)していたカスタム機も登場している。 ザクファントム 指揮官用に配備されるザクウォーリアの上位機種。頭部には追加されたブレードアンテナによってC41SR(通信、指揮統制、情報処理)能力が強化されている。 また、内部の通信機能等も異なり、両肩部にシールドを取り付けた機体が標準的な構成となる。 ただし、外伝作品には肩部の装備構成をザクウォーリアと同様のものにしたザクファントムも見られる。 なお、コンピレーション・アルバム『機動戦士ガンダムSEED DESTINY COMPLETE BEST』の初回限定盤CD+DVDケース上には、肩部のプロテクター一式が左右逆に付けられたガナーザクファントムが描かれている。 ファントムとは英語で「幽霊、亡霊、幻影」の意味。 劇中の活躍 ザクウォーリアと同様にC.E.73年では配備が開始されたばかりの機体で、一部のザフトレッド(赤服)や白服の指揮官級、またはFAITH(特務隊)といった非凡なパイロットが優先的に搭乗している。 レイ・ザ・バレル機は奪取されたセカンドステージシリーズやネオ・ロアノークのエグザスと渡り合った。 イザーク・ジュール機はディアッカやアスランとの連携によってセカンドステージシリーズを圧倒する活躍を見せた。 また、ハイネ・ヴェステンフルス機は開戦時のプラント防衛戦で奮戦し活躍した。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2

1

ザクウォーリアというザクです。 ザクファントムというのもいます。 グフイグナイテッドもいます。

1人がナイス!しています