地震対策で家具の固定は大事ですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

1

3.11 とかの映像やそのほかの映像から分かる通り、突っ張り棒による対策はほぼ無意味です。 ただし突っ張り棒自体に合板を強固に取り付けるなら、その限りではありません。 壁と家具をベルトで繋げる対策が一番です。 奥行きが 40cm 未満の家具でも、震度 5 強でも倒れなかったので、家具が倒れて大変なことになるのは震度 6 ぐらいからってとこでしょうか。 最近は高い震度の地震が多いとは言え、10 年に 1 回とかそのレベルですし、自身がいる場所が震源地の近くってこともはかなり少ないため、そこを 「対策してもその頻度なら無駄」 と考えるのか 「低頻度でも日本全体で見れば震度 6 以上を被災する可能性はあるのだから対策は有効」 と考えるかはあなた次第です。 自分は 3.11 以降は徐々に背の高い家具は減らしていってます。 なので、就寝中でない限りは家具の下敷きになるという状態は作らないようにしてます。

1人がナイス!しています