ID非公開

2022/5/19 19:15

99回答

私は生後間もなく普通養子として養子に出され、実の両親の顔も知りません。

補足

特別養子に出されていれば実の父とは縁が切れるようですが、私は昭和38年生まれで、生後間もなく養子に出された当時は、特別養子の制度がなかったようです。現状普通養子だと、やはり実の父の税金を私が支払わなければならないのでしょうか。

法律相談 | 税金247閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

固定資産税の支払い義務があると同時に死んだ実の親の財産の相続人ですよね。 金銭等は(違法ですが)その兄弟が自分たちの物として使っていたりすることが多いですが、不動産は相続人たるあなたの意向を無視して売却とかできませんので、あなたが売却してその代金手に入れることができると言うことでもありますよ。 その兄弟に連絡して事情を説明し、そちらで動かないならその不動産を売却すると協議するのが一番だと思いますが、それも面倒くさいなら相続放棄するのが一番楽だと思います。

0

「葬儀はこの兄弟甥姪達で行ったようでしたので、固定資産税もこの兄弟甥姪が支払うべきなのではないかと考えました。市役所の主張が正しいのでしょうか。市役所の主張が正しいのでしょうか。」 そりゃ市役所の主張が正しい。 民法 第八百九十六条 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。 質問者の実父の兄弟甥姪に固定資産税を支払わせるためにも、相続放棄の手続きをしなければならないんだな。まあ、質問者が相続放棄をしたら、相続権は実父の兄弟などにに移るけど、そこでさらに相続放棄があれば、誰も固定資産税を支払わなくて良くなるけどね。 で、質問者にも実父に対して思うところがあるだろうけど、そういった事情や質問者の思いは、役場にしてみれば知ったことではない。役場にしてみれば、固定資産税を支払いたくなければ、法に則って相続放棄の手続きをしてくれとしか言いようがないし、面倒な話なんだ。 質問者にしてみれば、降りかかってきた火の粉のような話だろうけど、相続財産の負担から逃れたいと思うのなら、面倒かもしれないけど自分のために相続放棄をすべき話。 固定資産税よりも怖いのが、相続税。質問者の場合では、遺産の総額が3,600万円以下なら、非課税となり、それを超えると、申告が必要で、納税義務も発生する。 で、市町村役場に死亡届が提出されるだろう。そうすると役場は管轄の税務署に通知するんだ。税務署はそれまでの所得税の申告状況や市町村の固定資産税の課税状況などから、被相続人の資産状況を推定し、相続人の把握をした上で、相続税の申告の納税義務が発生しているもを推定、抽出するんだ。 もし、遺産の総額が3,600万円を超えていたら、相続税の申告と納税の義務が発生するし、その場合税務署も質問者が相続人であることを把握しているってこと。相続税の申告と納税の義務が発生しながら、相続放棄の手続きを怠ると、ある日突然、税務署から「お伺い」の手紙が届く。 まあ、このお伺いの手紙が来ているうちはまだいい、それでも無視していると、税務署から税務調査が入ることになり、相続税のほかに追徴税が課せられるんだな。 ところが、相続放棄をすれば、遺産の総額が3,600万円を超えているかどうかなんて、関係がなくなる話なんだな。だから、相続財産なんていらないし、関わりたくもないと思っているのなら、相続放棄をすべきなんだ。それは実父のせいではあるかもしれないけど、自分を守るための話なんだな。

0

法律的には法定相続人で、支払い義務はあるでしょう。 3か月以内に相続放棄する必要はありますね。

0

固定資産税がどれぐらいですか。 多かったらその不動産を売ってお金に換えて 税金を払えばいいと思います。 遠く離れていても不動産屋に頼めば汗をかくこと ありません。 私の妻は500キロ離れた東京の土地を売りました。 一度も東京に行っていません。 あなたのお父さんが亡くなられたら、あなた一人 だけが相続人です。 ですから払って下さいといわれます。 逃れられません。払わないで置くと差し押さえられ 強制執行されます。 そこまでほっておくても手もあります。

ID非公開

質問者2022/5/19 19:44

三万円程です。築50年程経過した家屋と土地3筆です。

0

相続放棄しなければ貴方のみが法定相続人なので支払い義務が生じます。 気をつけなければいけないのは相続放棄は亡くなった事を知ってから3カ月以内という事。 それを過ぎると相続放棄できません。

ID非公開

質問者2022/5/19 19:30

私は実の父が住んでいた県とは別の県に住んでいます。相続放棄する場合は父が住んでいた県の裁判所に申し立てる必要があるのでしょうか。