前にチャップリン研究家みたいな人がテレビで江戸時代は鎖国して海外からの情報を閉ざすことにより国民の自由を制限して支配したみたいな事をいいました。

補足

マスコミ報道というのは、よくあることで、例えば議員が気に入らない外交政策いった時や、コロナで外国人の渡航を制限したら江戸時代みたいに鎖国するのかみたいなことを言う人の発言とか書いたり報道するので、江戸時代の鎖国=どこの国とも付き合わないみたいなイメージの植え付けがあると思います。

日本史 | 政治、社会問題100閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

私はそれ程詳しくありませんが、少なくとも長崎については制限があるとはいえ出島で貿易していたので必要量の情報は入ってたと思います。 海外、特に当時有力だったオランダの情勢がそれほど頻繁に変わってたとは思えません。 薩摩琉球も同じ。 琉球もしんと貿易してたのでそのあたりからも情報入ってきます。 江戸が海外情報独占したいと本気で考えるなら、海外から謁見とかにくる使節とかから得るもたらされた情報だけじゃなく、江戸か近辺に海外との貿易港を作り西日本以上の貿易とかして情報を得ようとするのが普通じゃないでしょうか? 海外から来る船の回数が多い程海外情報が入ってくるはずてす。 海外からのルートは、日本横断してくるというのもありますが。 あと、昔調べたら北の方の藩がアイヌと交易してて、アイヌを通じてさらに外国となんとかがありましたが、西日本以外の松前藩が海外情報得るには問題ないのでしょうか?

その他の回答(2件)

2

一応、幕府って外国へ視察団を送ってましたけどね。 だから、全く知りたくなかったわけじゃないです。 徳川は、イギリスに協力を求めて、大阪城を破壊してますし、 三浦按針を相談役として側に置いていたから、逆じゃ無いかな? 鎖国の意味は、多くの人が勘違いをしているのは承知です。 そこで貿易をしろってだけのことだから、完全に閉鎖しているわけじゃない。 ちなみに、日本はずっと中国や朝鮮とは貿易をやってます。 だから、完全に閉鎖していたわけじゃないし、 中国から情報が入って来るので、結構、勉強をしていたと思う。 ただ、現代もそうだけど。 常に外国を意識して生活する庶民はいないです。 江戸時代は、ネットもTVも無いから、余計にそんなこと考えることは無いでしょう。 蘭学を学び、漢方も独自に発展させている日本。 新しもの好きや好奇心が多い日本人。 島国だから、別に近隣諸国のことも昔から無関心。 今も昔も、日本人は日本のことしか考えませんよ。 その発言は、外国人ならではの解釈と思います。 外国では、「日本人は差別主義者」とよく言いますけど。 自分達の物差しで計るからじゃないの? 江戸時代に、シーボルトとかいるけどね。 そもそも当時、日本を知っている外国人だって少ないと思うがね。

2人がナイス!しています

よくわかりました。 外国人が、日本人を差別主義者という偏見を持つのは、戦後については毎日新聞や朝日新聞とか特定マスコミの海外向けの日本を差別し貶める嘘に基づく長年の情報発信が根本原因だと思います。 変態記事問題、慰安婦記事捏造問題など。 日本の現状は、主食もパンの消費が多く、戦後から続く海外ブーム、韓国関連のブーム、Tシャツとか着てる服のデザインは基本英語、高齢者が理解出来なさそうな英単語を平気で使う政治、マスコミや公的機関、以前田舎の番組でシェルターを作ったのだが地元高齢者は意味が分からないというのもありました。 他、歌の歌詞も英語とか、どう考えても日本の伝統より海外のこと意識しすぎというのが現状でしょう。 日本向けの漫画でも洋裁職人の話みたいにそれ海外に通じるのかと怒る人もいます。 異世界漫画なのに、日本ぽいのがでたら極東という単語使い基本中世ヨーロッパ風とか、色々枚挙に暇がな

0

大昔は識字率低いし食べるだけで手一杯 日本列島すら知らない人も多かったと思います 海外的知識はメジャーじゃないし士農工商に分けてるから大半が学ぶ過程までなかなか進めません 村の周辺が生活区域の全てだった人も沢山いたはずです