農地解放について質問です。 その政策成立過程と実施の経緯をいろいろ調べてみても、諸説乱立と言いますか、書き手・論者ごとのポジショントークと言いますか、「真相は何なのだ?」と言う感想です。

補足

※誤記(マルクス主義)でした。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

一次は不十分、二次でより徹底せよ、との御達しがGHQ側から発せられたとの話もあるようですが、結局のところ日米双方の思惑と意図は何処にあったのでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

解説ありがとうございました。

お礼日時:5/21 22:38

その他の回答(1件)

0

オイラ的には2と3ですね。 GHQは農地改革はGHQは最初は乗る気はなかったです。 日本から1次改革で失敗して頼まれた時にびっくりしたくらいです。 それに政治に口出す寄生地主は赤化してるのも多かったようですしね。 共産党、社会党はそれでもしばらくは勢力は保っていましたけどね。