ストロボが必要な時について。

デジタル一眼レフ | デジタルカメラ140閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(11件)

0

他に出ていない理由としては、安定していないなどの理由で現場の光源を嫌ってストロボで飛ばすくらいでしょうか。

0

想定するシチュエーションは屋外のポートレート限定なのでしょうか? 質問が大雑把すぎて回答しづらいです。 逆光以外にもストロボで雨や雪を止めて写したり、日中シンクロでちょっと異世界のような不思議な雰囲気を演出したりもできます。 屋内ポートレートでもブツ撮りでも使います。

0

光線状況が悪い屋内だと、目の下にクマが出来たり衣装の光沢が出なかったりするのでストロボを多用します。

画像
1

パッと思いつく需要... a)暗くてそのままでは撮影できない場合. b)祭りや夜景を背景に手前に人物を入れて記念写真的に撮りたい場合. c)ポートレート撮影で、アイキャッチを入れたい場合. d)日向と日陰の明るさの差が大きく、そのまま明るい部分に露出を合わせ て撮ると、日陰が真っ暗になりそうな場合. e)撮影者として「こういう風に撮りたい」という意図があり、その内容に「ストロボを使う」プロセスが存在する場合. ------------------------ 画像はe)になります. 竹を使った花挿しに生けた山桜と床の間を自然な形で見せるべく、左横 から「スーパーマーケットの買い物用ビニール袋を二重にかぶせた」GN 48を4m離して焚いて撮っています.

画像

1人がナイス!しています