大日本帝国の軍事技術はどれくらい高いですか? 列強国で最低レベルだと聞きましたが…

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

当時の日本ってどういう国だったと思いますか? 農業が中心でまともな産業はなく、国民の大多数は尋常小学校をなんとか出たというレベルです。そういう国に近代的な技術は根付かないし、それを背景にする軍事技術や軍需産業も高度化しませんよ。 太平洋戦争はどういう戦いだったかというと、初戦だけ米英の隙を突いて勢力を拡大したものの、本格的な反攻が開始された後は一方的に負け続けました、しかも実態はほぼ自滅、みっともないほどの自滅っぷりです。軍事技術とは運用など全てを含めて技術です、カタログスペックの良いものがちょっとあるのを高度な技術なんて言いませんよ。軍事技術が高度であれば少なくとも自滅はしませんよ。 なお、他の方の触れたものですが ・酸素魚雷 日本だけが実用化に成功した、ウッヒー。とネトウヨ傾向のある人達が持ち出しますよね。日本だけが高度技術を持っていたから開発できたのではなく、他の列強国は兵器としてに有効性が低いので開発しなかったというのが真実です。推進剤が酸素なため取り扱いが非常に難しい(戦場で取り扱いの難しい兵器は運用効率が低いので通常使わない)、射程距離が長くても、当たらなければ意味がないなど、兵器として致命的な弱点が多く、実際日本軍でも実戦では殆ど役に立っていません。 ・46センチ砲 長距離射程があっても当てる手段がなければ意味がありません。日本はレーダー射撃の研究を殆どしておらず。机上の運用論で開発しただけです。仮に米国艦隊と砲撃戦が行われたとしても日本艦隊の命中率が低く敗北したことは間違いありません。 その他にネトウヨさんが持ち出すものとして ・零式艦上戦闘機 そもそも基幹技術は外国のライセンスかパクリ技術の寄せ集め。 生産性が低く、パイロットの習熟性が悪く戦争兵器としては短期決戦にしか使えない代物です。(元々その想定で、艦隊決戦の補助兵器として考えられていたもの)防弾装備が殆どない上に、構造が脆弱なため軽い被弾でも分解するなどパイロットの生存性が極端に低い。日本の技術水準が低いために故障も多く、長期戦に耐えうるような代物ではありませんでした。言ってしまえば実験機ですよ。 ・伊号艇 実際に戦争には何ら寄与していない机上の空論兵器。 水上機を3機積めるからなんなの?それで何が出来るのって話です。 結局、大量のコストをかけて米国本土に嫌がらせをすることには成功しましたけどね。