ID非公開

2022/5/22 2:53

99回答

将来的にお酒(アルコール)が違法になったり制限などがされるようになる可能性はありますか??

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

制限や規制強化はありえると思います。 日本はどちらかというと、 飲酒運転だけが普通に厳しいだけで、 ・酔った上での違法、犯罪行為 ・酔った状態での迷惑行為 ・飲酒行為や酒販売規制 に関しては非常に緩いですからね。 なので、推測というか希望ですが、 ①運転や事故以外の犯罪に関し酔っている場合は、刑を加算 ②屋外や公共場所での飲酒規制 ③酒の販売時間帯、販売施設の制限

0

おそらく不可能です。 禁酒法や税源云々は別としても、酒は生活に身近すぎるし作るのも簡単すぎます。 飲酒を禁止したとして、料理やお菓子に使う酒はどうするんでしょうか? まともな料理人や菓子職人が、不可飲処理された糞不味い酒もどきを使うはずがありませんよね。 そして、酒の販売を禁止したとしても、酒は簡単に作れます。極端な話、砂糖とイースト菌があれば作れます。家庭内で密造することを本気で禁止しようとすれば、米・小麦・トウモロコシなどの穀物類、フルーツ、イースト菌など、酒の原料となりうるものすべての販売を禁止しなければなりません。そうなったら、酒による犯罪や事故の前に、人間は餓死しますね。 安易に飲酒を禁止すればいいと抜かしている馬鹿が湧いていますが、どのように実現するのか是非聞いてみたいもんです。

0

未来の事は判りませんが、 何事も裏表は有ります、例えば極端ですが、 包丁、料理に欠かせませんが、殺人の凶器になります、 何事も中庸が大切なのでは。

1

酒を禁止にしたら、外交など接待はどうしますか? ノンアル?

画像

1人がナイス!しています

1

過去にアメリカで禁酒法が制定された時、反社会的組織であるマフィアによって密造酒が蔓延し、活動資金として利用され、治安が却って悪化してしまい、廃止された事例があります。 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO54893860X20C20A1000000/ 現在でも日本人に飲酒の習慣が浸透している以上、ハードに禁酒法を決めたとしても、暴力団などの反社会的組織を通じて密造酒の製造、販売が地下で横行することになり、未成年が飲酒するケースも増えるでしょう。 そうなれば警察の仕事が増えていき、それ以外の犯罪の取り締まりにも影響を与えて治安が悪化することに変わりはないです。 過去の過ちを繰り返すのは愚かというしかないです。 飲酒を制限したいのであれば、タバコのように税金を引き上げて、簡単に購入できないように制限するのが一番です。

1人がナイス!しています