ID非公開

2022/5/22 14:11

1111回答

質問・大口径レンズのほうが必ず性能がよいのですか。 400mmレンズで2.8と4.5の二種類で同じ被写体を撮影し比較したら必ず大口径のレンズのほうが鮮鋭などが優れているのでしょうか。

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まったく納得の行く解説をありがとうございました。

お礼日時:5/22 18:12

その他の回答(10件)

0

何と何を比べているかによって答えが変わります。 別メーカーの駄目な2.8と、優秀なメーカーのF4.5なら後者が勝ちますし、時代の違う古い2.8と新しい4.5だったら新しいが勝ちます。 そのために「いいえ」という回答が多いですが、それは上記のような違う物を比べることも含めているからです。 しかし実際は、同じメーカーの同じ時代のラインナップを比べるものでしょう。 その場合は、2.8のほうが勝ちます。 上のラインナップを作って、上が負けるというのは普通はメーカーは出しません。 意地で性能を上げてきます。

3

>必ず性能がよいのですか。 いいえ. >必ず大口径のレンズのほうが鮮鋭などが優れているのでしょうか。 いいえ.

3人がナイス!しています

0

>大口径レンズのほうが必ず性能がよいのですか。 まあF4.5のレンズでF2.8の撮影は不可能ですから、そこの性能はF2.8の方が良いことは間違いありません。 私400ミリはF4.5EDしか持ってないのでなんとも言えないのですが、300ミリの場合、F2.8とF4.5で差を感じることはありません。 出張撮影で出かけるときに、ついでに撮り鉄しよう!と思うケースでは、荷物にならないF4.5を持っていきます。 薄暗いシーンでは苦戦することや撮れない事もありますが、日中のシーンで描写としての差を見出すことはありません。 メーカーとして、描写能力の一定基準は当然持っていて、口径にかかわらずその基準を満たすようにレンズは作られているはずで、当然と言えば当然の結果だと思います。 ただ、世代の違いは如何ともしがたいものがあります。 私の持っている300や400ミリはAi NIKKOR時代の単焦点ですが、大きくトリミングしてみると、今のレンズほどのシャープさはありません。 ニコン1にFマウントレンズを取り付けて、超望遠撮影をする場合だと、最新型レンズとAI NIKKORでは、もう雲泥の差、と言っていいほどの描写力の違いを見せつけられます。 とは言うものの、写真が撮れないわけでもなく、その写真だけ見ていればなんの問題もない、とも言えるのです。 デジタルがどんどん高感度耐性をあげた結果、大口径レンズの必要性はかなり減ってきましたが、それでも光が微妙なシーンでは有効性は大きいです。 とは言うものの、大口径=高性能、と言うような盲目的な思い込みは持たなくてもいいと思います。 同世代、同スペックのものであれば、結果に大きな違いは見えにくい、と考えて良いと思います。

2

400mm F4.5というスペックのレンズが見つからなかったので、同じニコンの、なるべく発売年が近そうな300mm F2.8とF4のMTF曲線を比較してみました。 一見してお分かりいただけるように、どちらも素晴らしいものの、両者とも絞り開放のとき、F2.8のほうが勝っているようでした。 超望遠域では特に、F値を1絞り明るくして、なおかつ諸収差を同水準に抑え込むことは技術的に非常に難しいはずですが、逆にいえば技術力の見せどころでもあるわけですので、各社しのぎを削っていいものにしているのだろうと思います。 ちなみに、F2.8の方は600,000円・3100グラム、F4のほうは203,500円・1440グラムです。写真を撮られる方なら、表現の幅や、厳しい条件下での撮影において1絞りのアドバンテージがいかに大きいかはお分かりなると思います。超望遠域であればなおさらです。価格や重さ・大きさを犠牲にしても、その1絞りで可能となる表現を求める人たちはおられますし、そういう人たちには必要なものなのだろうと思います。 ミラーレスになって、暗いレンズも使いやすくなりましたが、一方でAFの精度も飛躍的に高まり、高性能レンズの性能を引き出す力はむしろ増していると思います。

画像

2人がナイス!しています