犬を飼ったことを後悔しています。

1人が共感しています

ベストアンサー

3
画像

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

たくさんの励ましの言葉をかけてくださった皆様ありがとうございます。皆様の温かい言葉に心救われました。そんな中で泣いてる暇はないことを教えてくださった方にBAを送りたいと思います。1人の命と向き合い、自分のペースで家族と協力しながら犬生にお供させてもらおうと思います。 皆さま本当にありがとうございました

お礼日時:5/25 16:18

その他の回答(7件)

0

育犬ノイローゼですね・・・ 私も子犬は三回迎えましたが 毎回、毎回、ノイローゼ気味になります うるさいし、しつこいし、噛むし、乱暴だし この犬、ずっとこうやってバカで手がかかるまま?? ちっともかわいいと思えない 毎回「この犬、里子に出すっっっ」 吠えて家族にまあまあとなだめられています お迎えして3か月はそんな感じ 今は三匹目がお迎えして9か月(月齢は11か月) 半年をすぎた頃からやっとかわいいなぁ~と思うようになりました 子供なんかもっと先が見えず大変です お母さまはあなたを育てた経験があるからおおらかにできる それだけなんですよ・・・ 私も3人、子供を育てましたが毎回育児ノイローゼです(笑) お母さまが一緒に世話をしてくれているのであれば 自分で!とは頑張らずに一緒にお世話しましょう 犬はあなただけでなく家族にとっても新しい家族 犬はそういうものなんです あまり思いつめずに時間が立てば変わる 犬が育てば状況も変わります 2週間ではまだまだ・・・ですよ 我が家の11か月犬はまだ甘噛みしては私に叱られ 一昨日はおしっこをリビングにし 昨日はう〇ちを廊下にしました ここ2か月ほど阻喪はなかったのに・・・油断しました 子犬を育てるなんてそんなものです 時間が解決します 不安はお父様、お母様にも相談して自分で抱え込まないように 大切な家族なのですから家族でお世話 それでいいんですよ

0

頑張ってますね! でも、まだ二週間。柴犬ちゃんも七ヶ月ということで 実はワンちゃんにしたら警戒心もなくなり一番ヤンチャになる年頃なんです! わかりますよ! 私もいま二代目で大型よりの中型犬を飼っていて、いま一歳3ヶ月くらいになりましたが… 最初の頃は つかれてる時もありましたが、まだ子犬だから仕方ないねーと思うようにしたら気持ちはスッキリしました。 噛むとかはトレーニングでなおせますし、ペットショップでいろんなしつけするわけでないですから!これからですよ! 私もこの子は将来落ち着けるのかなーと不安になったりもしましたが…いま、トレーニングでいい子になりつつあります。 私も心配性だったので、11ヵ月くらいからスクールの幼稚園や一緒にトレーニングもしました。 家でもずっとトレーニングはしてたので今は未来がみえてますよ!笑 気持ちがやばい!というときは、プロの手を借りましょう!来てくれるトレーナーさんもいるので、ぜひ頼った方がいいと思います。 家族でそのときの都合にあわせて、うまくお世話しましょう! 話し合って無理せず。プロにきてもらったら、すぐできるようになったという人も知ってますよ! その愛情があればこれから どんどん絆ができるとおもいます! トレーニングは飼い主が諦めなければ、かならずワンちゃんは期待に応えますよ! みんな同じです! インスタで柴犬仲間を作ったら 柴犬飼い主さんの先輩たちがいろいろ教えてくれたりしますよ! 気長にいきましょう!

0

大丈夫、そんなに愛しているんだから大丈夫です。 今は頭の中は赤ちゃんなのに身体がしっかりしてきて一番手のかかる時期です。7ヶ月までショップにいたんですから、自由になれて嬉しい気持ちといつも構ってくれる人がいるという事実にワクワクしているんだと思います。 絶対落ち着きます。いいパートナーになります。あなたがたくさん愛していること、すぐ分かってくれますよ。大丈夫です。

0

とても頑張っていますね。 今とても手がかかる時期なので大変ですね。 うちも前に柴犬がいて、興奮してパニックになって暴れる噛みつくで手の付けられない子でしたが、躾けてもらってとても良い子になり子供の頃のわんぱくぶりが懐かしいです。 柴犬は学習能力が良いので家で待ってれば帰って来るから大丈夫と飼い主さんを信じて待っててくれる犬です。 いつでも里親探しに出せるので落ち着く2歳位までは頑張ってみませんか? 親もだんだん自分の子に手がかからなくなって、物足りない時期になってるから親も犬がいて楽しんでいると思いますよ。

0

私は小学校の時から捨て犬やもらってきた犬を育てていました。結婚してから、また欲しくなって、犬を飼ったことの無い女房を説き伏せて買いました。 女房の両親も飼ったことが無かった上に犬アレルギーだったのですが、平気でだっこしています。ワンコが来て、女房の実家に連れて行くたびに両親も可愛くなったようで、ワンコの好きな焼き芋を作って待ってくれるようになりました。犬には人の心を和ませる気持ちがあります。女房の母が癌でホスピスに入った時は、連れて行くととても喜んで部屋まで連れて行きました。今はミニュチアダックスを飼っていますが、17歳になり家の中でおもらしすることが増えましたが、二人とも容認して後始末をしています。年とともに病院代も高くつくようになりましたが、この子の生きているうちは最後まで見てやろうと思っています。ワンコと離れていると心配なのは同じですが、殆ど取り越し苦労です。きっと散歩もご両親が行ってくれるようになりますよ。歳を取ると動物に接することが楽しくなるのです。セラピー犬がいるのがその証拠です。皆で可愛がってあげましょう。