ID非公開

2022/5/22 23:21

22回答

モンスーンについて

気象、天気31閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答してくださった方々、ありがとうございました。

お礼日時:5/23 21:21

その他の回答(1件)

2

東南アジア北部のタイ、ベトナム、ラオスなどでは、南アジアより早く3〜5月頃から風向が変わり始めます。 冬季は南シナ海で東風、インドシナ南部で南東風、インドシナ北部で北東風だが、熱帯収束帯の北上とともに南寄りの風に変わっていき、夏季の7〜8月ごろには全域で西風になる。この地域では、冬は沿岸部を除いて雨が多くない期間であるが、春に入ると湿った空気により内陸部でも雨が増えてくきます。 多くの地域で5月に雨季が始まり雨季に小休止のある地域もあります。 9〜10月頃に多くの地域で雨季が終了し、雨の少ない乾季となります。 東南アジア南部のマレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシアなどでは、5〜10月の雨季に南西から吹き雨期になります。 ただし、スマトラ島とジャワ島の南沿岸では東風となる。11〜4月の乾季には、述べた4カ国の地域で北東から吹きます。 ただし、スマトラ島とジャワ島の南沿岸では南西風となります。 タイのバンコクやフィリピンのマニラは、このような雨季と乾季の交代に沿った降水量の推移を観測します。 しかし、マレーシアのクアラルンプールは6〜7月の雨量が落ち込み、また、インドネシアのジャカルタは8月に雨量が底を打ちます。 この地域は気候の多様性に富んでいます。

2人がナイス!しています