松本清張の「点と線」についてです。 犯人は事件当夜、香椎海岸に不在だったことを強調するため、 東京駅の「4分間」、札幌で河西という人物と会ったことの

ドラマ | 小説77閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1
ID非公開

2022/5/23 19:21

1人がナイス!しています

ID非公開

2022/5/23 22:14

当時、松本清張は新聞社に勤務しております。 また「点と線」は文芸雑誌ではなく、雑誌「旅」に掲載発表され 「鉄道ダイヤが絡んだもの」ということを条件に、編集長が 清張に原稿を依頼しています。 当時、清張の原稿料はまだまだ安かったからです。 連載されたものの反響がイマイチだったので、松本清張は急病、 疾走、逃亡を展開したというのは面白いです。