【聖闘士星矢】 中国に来たデスマスクと戦った紫龍は失明していたお陰で廬山昇龍波の威力が上がっていたとされていますが、これはシャカを視覚を断って小宇宙を高めているのと同じ事でしょうか?

コミック32閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

三名様ご回答有り難う御座いました。

お礼日時:5/26 13:07

その他の回答(2件)

0

その頃紫龍って失明してたっけ?忘れた笑 紫龍がクロス脱ぎ捨てて、半裸になってたら威力ましますよ。 紫龍は半裸になってからが本気なんで笑 クロス着けてる時より、半裸の方が勝率高いですから。

0

原理は同じです。 意識的に視覚を閉ざしているか、外的要因で結果的に視覚が閉ざされてしまったかの違いはありますが、「五感のひとつを閉じることによって、他の感覚が高まる」という点は共通しています。 ちなみに、シャカは視覚を閉じる「無明の行」で小宇宙を高めましたが、先代乙女座シジマは味覚=口をつぐんで殆ど喋らないという「無音の行」を実践していましたから、聴覚・嗅覚・触覚でも同じような効果があるということだと思います。 これを逆手にとったのが一輝で、天舞宝輪にかかって第六感までを断たれることによって、第七感である小宇宙を高めるという背水の陣をしきました。 それはつまり、「天舞宝輪って、うっかりすると敵の小宇宙を増大させる諸刃の剣なんじゃない?」ということですが、きっと深く突っ込んではいけないことなのでしょう。