ID非公開

2022/5/24 10:26

55回答

スピーカーって昔「80~90年代」と比べて正常進化「音質」していますか? アンプはどうですか? 高級機は置いといて単品「アンプやスピーカー「ペアー」で10万以内で質問しています。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

答え:スピーカーに、進化はない。それぞれの時代のデバイスに、最適適応しているだけ。 ~80年代:レコードに合させて最適適応。 90年代:CDに合させて最適適応。 その後、ハイレゾ、携帯プレヤーに合させて最適適応。 携帯時代は、イヤフォンで視聴、それに合わせ、低域カット。当時のオーディオ雑誌で、低域に関する特集が多いのは、そのためと考えられます。 結論:現代のオーディオ、それはネット配信、イヤースピーカーで視聴。それに合わせて最適化。それを、スピーカー主流の時代のスピーカー,アンプで聴くと何が起きるでしょう?

1人がナイス!しています

1

1980年頃には、理想のスピーカーと言われた平面スピーカーが発売されたり、普通のコーンスピーカーも金属製材質のドームツィーター、リーフツィーター等に限らず音質に拘った材質、造りのエンクロージャーなどスピーカー全般は、完成形かなと思います。昔はトールボーイスピーカーは、ほとんど無かったと思います。1980年代のバブル期のオーディオ製品は、メーカー、価格帯によりますが、アンプ、CDプレーヤー、カセットデッキ等再生機は、音質に拘った設計、構成、機種専用の部品、材質、造りで中には採算度外視の製品があったりしました。今、当時の価格で同仕様の機器を造る事は、コストが掛かり過ぎて無理らしいです。試聴した事は、ないですが質問のスピーカーは人気があるようです。聴いた事はないですが、最近はデジタルアンプが安価からあり音質も良いらしいですが、電源によって変わるようです。どちらも試聴して好みの音質か確認した方が良いです。

1人がナイス!しています

1

進化はしてません。 人件費が上がり 同じ価格では劣っています。

1人がナイス!しています

3

スピーカーは80年代でもう完成されてる。 ただし経年劣化があるので、新しい方が良い。 アンプはアナログA-AB級であれば80年代、D級は90年代がほぼ完成形。 これもまた経年劣化するもの。10年以上前のものならオーバーホール必須。

3人がナイス!しています