源頼朝が流人から一気に源氏の総大将になれたのは 単に能力があるわけではなく父 義朝が生前坂東武士から指示されていて坂東武士をまとめあけていたからですか?

日本史108閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

鎌倉幕府の実態だが、権謀術策渦巻く伏魔殿である。 上記の上総氏と千葉氏は、後に敵として争っている。両方とも死んでいる。 謀殺・失脚したのは、義経、頼家、実朝だけでなく、頼朝の弟の範頼。上総氏、梶原氏、千葉氏、比企氏・・・・さらに北条時政まで失脚している。 この時政が黎明の功臣第一なのに関わらず、子の義時、孫の泰時によって「北条氏にはいなかった恥ずかしい人」扱いになっている。 この伏魔殿で勝ち残るには、権謀術策に長けているだけでなく、身を慎み、周りに気をつかう、自制心の強い人物でなければならない。

その他の回答(1件)

0

頼朝の政治能力はずば抜けてて、当時の関東武士には思いつかない(普通は平家のように京都にいて何らかの官職について政治を行う)やり方で御家人の希望を叶えた。朝廷から独立した幕府の機構も整えた。挙兵したときだけ、義朝の名前と前官職のおかげ。 ただ頼朝がいなくなると既に幕府の形はできていたので源氏将軍である必要はなくなり、御家人(北条家など)の希望を聞いてくれる体制を望んだ。むしろ邪魔になった源頼家,源実朝は排除された。さらに摂家将軍も邪魔になると排除された。