皆様お世話になります。 さて、早速ですがR32スカイラインの長期保管について質問があります。 近々車検を迎えるのですが、その車検を機に一旦3年程眠らそうと考えております。

補足

保管場所はシャッター付きカーポート。 やはり電源供給が絶たれると、セッティング等に影響ありますか?

車検、メンテナンス | カスタマイズ108閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。 そうだと思っていたのですが、念のため質問させていただいた次第であります。 私の質問が悪かったのか、コンピューター等への影響について回答くださった方は貴方様だけでしたので、ベストアンサーに選ばせて頂きました。 その他の方のご意見も全て参考にさせて頂こうと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:5/29 6:57

その他の回答(3件)

0

乗る機会の少ない車両の、バッテリーの対策については、長年悩まされてきました。 いろいろやってみて、現在は、以下の方針としています。 ○常時接続で、電解コンデンサの劣化などに効果があるかも・・・と思っていたが、キルスイッチ設置での不動時電源断でも、問題はなかった。 また、突入電流による影響も無いと思って良い。 ○ヒューズなどの接触不良はどうしても起きる、これはバッテリーとは直接関係無く、経年で起きるため、燃料ポンプの駆動電流低下などは、常時おきる可能性がある。起動が渋い場合などは、主要部をテスターで計測すると良いもよう。 ○バッテリーは通常、キルスイッチで車体との接続を切っておく。 自己放電あるため、2ヶ月に1度程度、パルス充電器などで充電し、 満充電に近い状態にしておくと良い。 ○車体側、温度変化による見えない部分での結露がある。 カーポート下の場合、保温用にカバーなどを被せると効果的。 直射日光は大敵のため、遮蔽にもなる。 ○数ヶ月に1度はエンジンを掛けて多少でも動かすのが好ましいが、 それができない場合は、あまり頻繁にはかけないほうが良い。 マフラー内に水がたまったりして、かえってダメージを大きくする。 こんなところでしょうか。 自家用車11台保有しています。 数年くらい稼動してない車両もありますが、上記方法で、維持できてます。 ただ、車両によって弱点がちがいますので、そこは勘案するべきです。 例えば、ウチにはエリーゼがありますが、アルミシャシで電蝕に弱いので、 車庫内出あっても、よどんで湿気がたまりすぎるところは要注意です。 また、エスプリやフェラーリを車庫に保管していたときに、ねずみなどがエンジンルーム下側から入り込んで、巣を作っていたことがありました。 保管環境を良くすると、そこを動物がねぐらにすることがあるので、要注意です。 際限も無く手間がかかるなぁ・・・と思ってましたが、そうやって、手間をかけることで、車両の痛み具合はかなり変ってきます。 ウチで一番古株のAE86が、程度が良いので、展示させて欲しいと、ディーラーから依頼があり、貸し出していますので、それなりに効果はあったのだな?と思ってます。 レストアしないで、なんとかなっていますので・・・ 参考まで。

画像
0

ソーラー充電器ではなく、外部電源からバッテリー充電器を繋いで保管し、時々エンジンをかけてオイルを行き渡らせるのが良いと思います。 トリクル充電してくれる物が多数ありますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。 車ではないのですが、私はそのような方法でバイクを室内保管しています。 バッテリーを外して保管は、車の調子悪くなるので止めておいた方が賢明だと思います。

0

オプティメートでも繋いだままにしてみてはと思いました。 それでも3年経てばバッテリーはどうだろう?とも思います。 気になるのはソーラー充電器で対策。 3年間保管するのは屋内なのでしょうか。

今後の維持や窃盗を考えたらシャッター付きのガレージに改装する事をお勧めしたいです。 R32GT-Rってそれだけの事をする価値のある車だと思いますよ。