飛行機の機内食は、食中毒を防ぐため 大量の防腐剤が使われていると聞きます。 本当ですか?

飛行機、空港717閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:6/15 6:32

その他の回答(5件)

1

機内食に限らず食品には天然の防腐剤が使われていますが、 そんなことも知らないのですか。 (1)塩(塩漬け) (2)酸(酢、クエン酸、ビタミンC) (3)香辛料(ワサビ、からし、唐辛子)

1人がナイス!しています

0

可哀そうに、あなたは騙されているだけです。 防腐剤が大量に入っている食品はマズくてとても食えないけど、あなた食べたことないですか? 仮に入っていたとしたら「食品衛生法」で罰せられますから、航空会社は即刻つぶれますよ。 ご注意ですが、このようなフェイクを拡散させると営業妨害とか、誹謗中傷の罪であなたが罰せられることもあるかもしれませんよ。くれぐれもご注意ください。

0

食品添加物気にしすぎて貧乏になるそうです。 食品添加物は食品を製造または加工するときに必要なもので、 食品を形作ったり独特の食感を持たせる、食品の色をとったり着けたりする、 うま味や甘味・酸味等の味を付ける、栄養成分を補う、品質を保つために使われます。 フェイクニュースには気をつけましょう。

2

一般に流通している食品※に使われている物以外は、機内食だけ大量でに防腐剤を使う事はありません。食中毒を防ぐ為に、衛生管理の厳しい所で作られていますし、冷蔵保存されているので、防腐剤を使う事はありません。機内だけでなく、機内食工場から機内迄で運んでいる間も温度管理がされています。 ※果物のシロップ漬けやジャム、ハムやソーセージ等、他

2人がナイス!しています