ID非公開

2022/6/14 18:07

1212回答

ビットコインが大変な暴落です。どうしてしまったのか!!

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/6/20 22:29

え? 本当ですか

その他の回答(11件)

1

アメリカのインフレ懸念がビットコインを下落させたらしい。 ↓ ビットコインが2万ドル割れ、2020年12月以来 6/18(土) 16:57配信 Bloomberg (ブルームバーグ): ビットコインは18日、2020年12月以来の2万ドル割れとなった。中央銀行の金融引き締めを背景に、暗号資産(仮想通貨)業界内の緊張の高まりを示す兆候が増えている。 時価総額で最大の仮想通貨であるビットコインは一時6%下げ、香港時間午後2時54分(日本時間同3時54分)現在で1万9377.08ドル。12日連続の下げとなっている。 イーサは一時1000ドルを下回り、21年1月以来の安値となる999.86ドルを付けたが、その後は下げ幅を縮小している。 オアンダのシニアマーケットアナリスト、エドワード・モヤ氏は16日付のリポートで、「リセッション懸念の急激な高まりがリスク資産の購入意欲をそいでおり、このような安値でも仮想通貨トレーダーはビットコインを買うことに依然として慎重だ」と指摘していた。 ビットコイン、前サイクルの高値を下回る── 一時1万7000ドル台まで下落 6/19(日) 10:07配信 CoinDesk Japan ビットコイン(BTC)は18日(日本時間19日未明)、1万8500ドルを割り、先週まで横ばいとなっていた2万ドル~2万3000ドルのレンジを回復することはできなかった。 当記事執筆時点では1万8319ドルまで下落、過去24時間で10.8%下落した(その後、一時1万7000ドルまで下落、日本時間19日10時頃には1万8900ドル付近となっている)。 CoinGeckoによると、ビットコインの時価総額は約3500億ドルまで落ち込み、11月の史上最高値時から73%減少している。 また今回の下落では、きわめて重要な価格レベルを割り込んだ。すなわち、前回、2017年末の上昇サイクル時の史上最高値1万9783ドルを下回った。 ビットコインは過去にも、おおむね数カ月~2年で、価格が上昇した後に急落している。暗号資産トレーダーや投機家はこうした期間を「サイクル」と呼び、新しい価格目標を設定する際に過去の価格水準を参考にすることが多い。 一部の暗号資産トレーダーは、ビットコインが前回のサイクルの高値を下回ることはないとの説を主張しており、この説は2018年の価格下落の際には成立したが、今回は当てはまらなかった。 前回のサイクルでは、2017年12月に当時の史上最高値1万9783ドルに達した後、わずか1カ月後には4桁台まで下落した。 2013年~2014年のサイクルでは、ビットコインは1127ドルの当時の史上最高値を記録、2018年の価格下落の際にはこのレベルを下回ることはなかった。 イーサリアム(ETH)も12.4%下落して、948ドルとなり、2017年~2018年のサイクルの高値1448ドルを大きく下回った。 その他の主要暗号資産は、ビットコインとイーサリアムよりは下落幅が小さかった。 ソラナ(SOL)は8.6%下落して29.08ドル、カルダノ(ADA)は9.1%下落して44セント、エックスアールピー(XRP)は6.1%下落して30セントとなった。 https://news.yahoo.co.jp/articles/76bcfd9a425012935f3dd7a07919aa63ca4fe977 ビットコイン大暴落! 半年で価格が65%ダウンも専門家は 「今こそ買いどき」おすすめの買い方を聞いた 6/17(金) 15:26配信 SmartFLASH 暗号通貨「ビットコイン」(BTC)が大暴落している。 6月11日まで1BTC=400万円前後を推移していたが、15日には約271万円にまで急落。最高値だった2021年11月の777万円から、なんと65%も下落してしまったのだ。 その後も上下を繰り返し、17日10時時点で約272万円となっているが、あまりの急落ぶりに保有者たちも落ち着かない。 《大暴落してメンタルやばい。。もっと勉強してから投資するべきだった》 《24hで100万落ちるとかBTCエグすぎ》 と、SNS上には不安の声が並んでいる。その一方では、「まだまだ大丈夫」「今が買いどき」という意見も多い。 《断言しますがここで手放す人は10年後泣くことになります。買い増しあるのみ》 《ここでしっかり買い増し、長期投資に徹する》 専門家の見解はどうか。暗号通貨アナリストで『ビットコインは5000万円になる! つみたてNISA、iDeCoより「積み立てビットコイン」を始めなさい』(双葉社)などの著作がある、ナカモトヤスシ氏に聞いた。 ――すごい下落ですが、原因は? 「アメリカの株価など、さまざまな指数が連動した結果、『売られすぎ』になっている状態です。BTC自体に問題があったわけではありません」 ――ということは、BTCは今後持ち直す? 「まだ下がる可能性はあります。200万円を切るかもしれない。しかし、いずれ値を戻していきます。BTCは過去には何度も大暴落していますが、そのたびに持ち直し、最高値を更新してきました」 ――では、いずれまた最高値を更新すると。 「値を戻すのは、早ければ年内。遅くても2年後でしょう。そして最高値を更新していく可能性は高いと思います。私の持論である『5000万円』も、可能性は十分に残されています」 ――では、今は買いどきということでしょうか。 「もちろん、買いどきです。今、保有していればそのまま保有し、買い増しができればした方がいいでしょう」 ――おすすめの買い方はありますか。 「これから買う人にとっての問題は、精神的負担だと思うんです。おすすめしたいのは、『まずは予算の半額だけを買う』方法です。半分買ってそこから下がれば、残りの半分も買い増しをする。それから値が上がっていけば、あとに買った半分は底値で買ったことになり、損をした気にはならないでしょう。また、半分買った後に上がっても、残りの分を買い増せばいい。どっちにしても半分は底値で買ったことになり、精神的不安は少なくなる。『あのとき買っておけば』という後悔も軽くなるでしょう」 あくまでも、投資は自己責任で! https://news.yahoo.co.jp/articles/27455220624faacc878e0ec090d5b94e8961615a 急落したビットコインの「底値」はどこに? 専門家の見方 6/14(火) 17:00配信 Forbes JAPAN ビットコインの価格は直近の市場の暴落により、約1年半ぶりの低水準に落ち込んでいる。 TradingViewのデータで、ビットコインの価格は6月13日午後9時(米東部時間)現在で、2万1500ドルを下回っている。 これは、昨年のピーク時の約6万9000ドルの3分の1以下の水準だ。 複数のアナリストは、米国の高いインフレ率が、リスク資産に大きな影響を与えたと述べている。 米労働省が6月10日発表した5月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比8.6%の上昇となり、1981年12月以来の40年5カ月ぶりの大幅な上昇を記録した。 取引プラットフォームWebull FinancialのCEOのアンソニー・デニアーは、 「インフレ率の上昇によりさらなる利上げが予想されため、リスク資産には不利な状況になっている。 金利が上昇すると、普通預金や債券などの低リスクな投資先の利回りが高くなるため、投資家は暗号通貨やグロース株などの高リスクな投資先から資金を引き上げる」 と述べている。 一方、複数の市場オブザーバーたちが、今後の動向を見極めようとしている。 StockCharts.comのテクニカルアナリストのJulius de Kempenaerは、 「直近の市場の急落により、ビットコインの価格は、重要なサポートラインである3万ドルを継続的に割り込むようになった」 と述べている。 「これにより、ビットコインの価格がさらなる下落に向かう道が開かれた。1万6500ドルから1万9500ドルのエリアに若干のサポートが見られるが、主要なサポートは1万2000ドルから1万3000ドルのレンジだ」とKempenaerは述べている。 一方、暗号通貨のアナリストでポッドキャスト番組The Wolf Of All Streets Podcastを主催するScott Melkerは、 「トレーダーたちは以前の弱気相場の底だった2万2000ドルの少し上あたりにサポートラインがあると考えていたが、最近の2つの兆候が、このラインを下回ることを示唆している。 次のサポートラインは、2017年の強気相場のトップの2万ドル付近にあると考えられる」 と述べている。 しかし、Melkerは長期的な市場の動向については、慎重な見方を示している。 「市場の動向は、これから起こり得る新たなプラットフォームの崩壊や、インフレの進行、FRBによる金利の引き上げなどの要因に大きく左右されるため、次に何が起こるかを予測するのは非常に難しい。今は、ハッチを閉めて嵐に備えておくべきタイミングだ」 とMelkerは述べた。 https://news.yahoo.co.jp/articles/9dd1760bbbac8b0e0fb530c656bdfb88bb310d4a

1人がナイス!しています

1

あくまでも、仮想通貨ですから、錬金術師が自分の利益のために創造した偽りのコインだから。 金貨を買うのが正解っだな。

1人がナイス!しています

3

ビットコインの初値知ってますか? 1円ですよ

3人がナイス!しています

0
ID非公開

質問者2022/6/18 22:06

急落したビットコインの「底値」はどこに? 専門家の見方 6/14(火) 17:00 Forbes JAPAN 急落したビットコインの「底値」はどこに? 専門家の見方 ビットコインの価格は直近の市場の暴落により、約1年半ぶりの低水準に落ち込んでいる。TradingViewのデータで、ビットコインの価格は6月13日午後9時(米東部時間)現在で、2万1500ドルを下回っている。これは、昨年のピーク時の約6万9000ドルの3分の1以下の水準だ。 複数のアナリストは、米国の高いインフレ率が、リスク資産に大きな影響を与えたと述べている。米労働省が6月10日発表した5月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比8.6%の上昇となり、1981年12月以来の40年5カ月ぶりの大幅な上昇を記録した。