水の東西の最後の文で、「あの『鹿おどし』は、日本人が水を鑑賞する行為の極致を表す仕掛けだといえるかもしれない。」と書いてありますが、なぜ筆者はこのように考えているのか、分かる方教えてください。

文学、古典 | 日本語131閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

遅れましたが、ありがとうございます!おかげ様でテストで正解できました!

お礼日時:7/5 23:05