フランス料理は常温なのですか? あまり意識していなかったけれど、 フランス料理は常温で、 あつあつとか冷たい料理は出てこないと聞きました。 本当なのですか? もしそうなら、

補足

みなさまありがとうございます。 フランス料理は常温のものが多く 料理を楽しむにあたり火傷をしなように もうひとつは、料理が一番美味しく感じるために 熱々ではなく、少し冷めた辺りに提供されるそうです。 グランメゾン東京のドラマでは、 主人公は、日本の食材であるキジバトだから 日本料理にように熱が残っていても良いだろうと、 熱をも楽しむフランス料理を作り 起死回生の料理を作ったエピソードがあります。 フランス料理は常温との概念があるので このような話が作られるのではないでしょうか? これらから、フランス料理って常温なのかな? と思い、思い出しても 熱くてたまらないスープが出て来たり ジュージュー言っている肉が出て来た事もないなと。 それで質問したのです。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

「イヌア」や「カンテサンス」がドラマを監修なさってましたよ。 なるほど、 ミシュランに掲載されているような最先端の店では、 ドラマのように温かさをも取り入れているから それで他の回答者さんは、 フランス料理は常温ではないと仰っているのですね。 キジバトはヤマバトらしいです。 日本では国内で繁殖しており留鳥と書いてありました。 輸入ではなく、日本で獲れた食材を使ったと いう話だったのかもしれません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさまありがとうございました。

お礼日時:6/28 11:12

その他の回答(8件)

0

さすがに常温はないです。 だって、常温って「お弁当」ぐらいの温度でしょ。 でも、主さんの言うとおり、熱々の料理は原則としてありません。 50℃〜60℃くらいの温かい料理です。 ステーキ(立派なフランス料理)だって、 少し冷まして肉汁を落ち着かせてから提供されます。 日本の鉄板に乗って出てくる熱い肉などはありません。 例外的にカスレなどの熱い料理もありますけど…

0

真夏は暑いので、一度火を通した物の冷めてから食す事はありますが、セルフサービスのレストランの作り置きでも温めながら陳列してあります。冷やし中華や冷やし素麺の様に、積極的に物を冷やして食べる事はりません。フォンデュの様な鍋やポトフ等の煮込み料理もあしますし。ステーキはウエルダンよりレアが好む人が多いですが、レストランでは、焼きたてが出されますよ。コーラやジュース等は大して冷やさずに常温か近い温度で出す事はありました、氷を大量に入れる様になったのは、マクドナルドやスターバックスが進出してきたからです。 ビシソワーズ元々はフランス料理ではなく、ニューヨークのフレンチのシェフが考えだしたとか。

1

オニオングラタンスープとか、普通に熱いです。

1人がナイス!しています

1

嘘ですね。 息を拭いて冷ますのはマナー違反なので、熱いと言っても普通に食べられる温度にしています。常温ではないですよ。 冷えない様に皿を熱くするので、サーブする際には我慢が必要です。 「皿があつくなっておりますので」の一言も忘れてはいけません。 冷たい方は、アイスクリームまでの冷たさですね。 ソルベ(シャーベット)も、コースの一つです。 ドライアイスを仕込んだ冷たい料理もありますよ。

1人がナイス!しています