おっさんで、当たりを引いた事を「かけた。」とか「かかった。」とか言う奴がいるんですが、あれを聞くと何かイラッとします。 どっからくる言葉なのでしょうか? 全国共通語なのでしょうか?

パチンコ | 日本語412閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

全国共通ではないですが、時々聞きますね。皆さんが仰る通り、掛かるとは獲物が掛かったと同じ意味合いです。ちなみにこちらでは当たりが入った!とか言う人も居ますよ。入るとは、一応当たったけど、勝負はこれからでその土俵に入った!みたいな意味合いで結局同類の言葉なのでしょうね。

0

昔は羽根物だけでした。 あの手のパチンコはV入賞すれば大当たりで玉が出ると言うごく単純のゲーム。 だからVに入れば「入った~」とか「かかった~」と言うのでしょう。 デジパチも最初は確変はなく数字3つ揃いすれば大当たりと極単純。 これも当たり図柄が「入った~」とか「かかった~」と言うのでしょう。 現に海物語がそうですもんね・・・・再始動なんかまさにそうでしょう??

1

『魚がかかった』や『リーチがかかる』と同じ表現でパチンコの大当りは大当りを獲得するだけでは出玉は得られず、玉を打ち出してアタッカーに入れて初めて出玉を得られるので大当りをひいてからが本当の勝負なのです。 ですから、本来は『大当りがかかった(けど、これからアタッカーに玉を入賞させなければならない)』という意味合いが込められた言葉なんです。 魚が針にかかったけど釣り上げるまでが本当の勝負、リーチをかけたけど当たり牌をツモるか誰かが捨ててくれるのを待つしかない、エンジンはかかったけどギアを入れてアクセルを踏まなければ走りださないと同じ意味の言葉なんです。

1人がナイス!しています