物理で質量が大きいと加速度は小さいと習ったのに、真空中の自由落下運動で質量に関係なく、加速度は一定と習いました。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすい解説ありがとうございました! 理解できました!

お礼日時:6/27 17:17

その他の回答(8件)

0

ほとんどの皆さんは正しく回答されていますが、最初の坊主だけおかしなことを言っているのでコメントしておきます。 > 「質量が大きいほど同じ加速度を出すのに大きなエネルギーが必要になる。」と言うのが正解です。 → 加速度を出すのにエネルギーは関係ありません。力F が加わった瞬間に加速度a=F/m が生じます。

0

重力加速度の意味がわかってますか? 質量が「押す力」になると考えてください。100gのものなら100gで押され、1キロなら1キロで押されることになります。

0

それぞれの結論だけを見ているが、前提が違うので矛楯しない。 >質量が大きいと加速度は小さい いつでもこれが成り立つわけではない。「同じ力が加われば」という前提がある。 >真空中の自由落下運動で質量に関係なく、加速度は一定 質量の大きい物体の方が大きな重力を受けるので、「同じ力が加われば」という前提での先の話とは当然違う話になる。

0

矛盾していません。 両方とも成り立ちます。 ニュートンの慣性質量と重力質量の違いです。 ①物理で質量が大きいと加速度は小さい :F=Ma → a=F/M → Mが大ならaは小 ②真空中の自由落下運動で質量に関係なく、加速度は一定 :重力加速Gは一定

0

「質量が大きいと加速度は小さい」は F が一定の場合であって、 F=m*α と言うだけの話ですね。 F:力 m:質量 α:加速度