高田という名前の友人の話です。 子どもの頃に親が作ったパスポートがTAKATA名義だそうなんです。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

公的書類はTAKATAで、論文はTAKADAで通す事になったそうです! 回答していただいた皆さん、ありがとうございました!

お礼日時:6/22 23:50

その他の回答(3件)

0

で、どっちが本当の名前なんでしょう? TAKADAが正しくて、パスポートは子供のころのしかなくて、これから作るという話なら、事情を説明して(あるいはダマテンで)TAKADAで申請してみてはいかがでしょう? クレジットカードなんかもTAKADAになってるんですよねぇ。 航空券とか買うときに・・・大丈夫かなぁ。

0

結婚後も旧姓で論文執筆や学会発表している人も多数います。 今TAKATAに変えると、研究成果の紐付けがおかしくなる可能性があります。 パスポートの正式名称とは切り分けて、研究活動はTAKADAのままで良いのでは。

0

指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンのパスポートに、「フォン」はなくて、ただの「カラヤン」だったそうです。 身分証明書のような正式の書類はパスポートと同じでなくてはいけませんが、芸名やペンネームなど、職業的な活動に使う名前は、必ずしもパスポートと一致している必要はありません。 論文の名前も同様です。