「東京のうどん」と「大阪のうどん」の違いは何でしょうか。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お返事どうもありがとうございます。

お礼日時:6/26 22:19

その他の回答(7件)

0

そもそもの力の入れ方が違う。 大阪は「うどん屋」が多いから、 うどんがメイン。蕎麦は添え物。 逆に東京は「蕎麦屋」多いから 蕎麦の方がメイン。うどんは添え物。 ツユもメインの方に合わせてあるので 違う方を頼むと若干合っていない。

0

・まず、水質の違い 東京は硬水 大阪は軟水 ・東京は硬水のため、昆布から出汁を取るのが難しいので、基本鰹出汁 大阪は軟水なので、昆布出汁 ・醤油の違い 東京は塩味が強く、味の濃い濃口醤油 大阪は色の薄い薄口醤油 昔は、小麦粉もそれぞれ近場から調達していたので、多少の違いが有ったと思います。

1

先ず呼び方からして違います。 関西で単に「きつね」と言えば揚げの乗ったうどんを指します。 また「たぬき」と言えば、関東の「たぬきうどん」では無く、揚げの乗ったそばを指します。東京へ転勤した時、「たぬきそば」と聞いて驚いた経験があります。「たぬき」と言えばそばに決まってるだろうと。 出汁は濃い口醤油は、関東風、薄口醤油は関西風です。巷で言われるほど、関東風は塩味が強くありません。

1人がナイス!しています