年金の第2号被保険者と第3号被保険者とでは、将来受給する老齢年金にどれくらいの差があるのですか?

年金 | 社会保険106閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:6/29 19:23

その他の回答(4件)

1

国民年金から老齢基礎年金は、 1号被保険者、2号被保険者、3号被保険者も、 一律で、40年満額です。 2号被保険者には、上乗せで、厚生年金からの老齢厚生年金がありますが、 金額は、加入期間、給料により差があります。 https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2022/202204/040103.html

1人がナイス!しています

1

国民全員が受け取れる老齢基礎年金の平均受給額は月額56,049円、老齢厚生年金と合計した合計受給額の平均は146,162円です。(2019年度) 第1.2.3号に分けて集計した値ではありませんし、給与の額によって大幅に変動があるのであくまで参考程度になりますが、上記のようにおよそ月額90,000円程の差が出ると思われます。

1人がナイス!しています

1

それはどのくらいの期間厚生年金を掛けていたかとどのくらいの報酬を頂いていたかによって差が出ますよ。 国民年金の第二号被保険者は「厚生年金加入者」ですが、国民年金の第三号被保険者は厚生年金の被保険者ではありませんから。

1人がナイス!しています