ID非公開

2022/6/23 12:02

77回答

腐ってもフルサイズと言いますが、D700やEOS 5D初代が最新の小型センサーのカメラに優る点は何ですか。

1人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、ありがとうございます。

お礼日時:6/27 20:12

その他の回答(6件)

1

圧倒的な違いは被写界深度の浅さを利用したボケ味のコントロールの広さ、 小さいセンサーは震度が深いのでボケを得ることがフルサイズよりも苦手です、ダイナミックレンジやら高感度ノイズやら色々有りますが、1番は被写界深度だと思います。

1人がナイス!しています

3

D700はデジタルでは初めて心を奪われたカメラです。 その前のNikonはDXフォーマットしかありませんでしたからEOS 5Dが活躍しているのを横目に悔しい思いをさせられていました。 あの当時は5Dはデジタル一眼レフの完成形でプロのカメラとしてしばらく鎮座するだろうと言われていたんです。 そのライバルとしてようやく販売されたNikon党としては待望の35mmフォーマットサイズのセンサーを搭載したカメラですよ。 フィルム時代の明るいレンズを使えて、フィルム時代で使っていた程度の高感度なら充分、綺麗に撮れますから フィルムに慣れた私には必要充分の性能です ホットピクセルだらけになってセンサーの寿命が尽きるまでは使っていきたいだけ。 逆に新しくてもAPS-Cサイズのカメラにはあんまり愛着が湧かず次々に手放してしまいます。

3人がナイス!しています

あ、D700の前にFXフォーマットは正確にはD3がありましたけど、一般人に手が届くという意味で。 5Dもプロ機としては1Dsだったかな、そんな感じの名前のプロ機が上位機にありましたね。プロ機としてしばらく鎮座云々はキャパだったかな、雑誌に書かれていた事なので書いた記者の口車かも知れませんから鵜呑みは厳禁だったのかも知れませんが。Canonの事には疎くて答えられません。

6

D700の良さはフルサイズで1200万画素という点。1画素あたりの面積が 大きいからISO感度を上げてもノイズ感が少ない。 最近のAPS-Cでも撮るがAPS-CはISO800で全体にざらっとしたノイズ感が 見えるがD700はISO800でも殆どノイズ感がない。 14年前のフルサイズの底力です。 他の方の回答を読んでみたけど知らないのにただイメージだけで回答して いる人のなんと多いこと。 因みに5Dは使ったことがないのでわかりません。

6人がナイス!しています

0

画角位しか思いつきません。5D初代なんて2005年物ですよ。17年前のカメラ。D3やD700か、プロなのに今でも使っている人いるけどお金がないんだなと思いますね。5D2もだけど2022年の今にあの様な古すぎるカメラを使う気すら起きないです。新しいマイクロフォーサーズ機にも画質やノイズは劣ると思いますね。

ISO800以下だとまだまだ使えるのがD3やD700です。5D初代も低ISOなら。昔全部使ってました。今は普通に高感度使えますからね。D700はもっさり動作で高感度は強い方だけどもう古いです。修理も効きません。

0

腐ってもフルサイズというのは初耳です。 デジタル技術の進歩が激しい分、陳腐化も比例します。 D700やEOS 5Dでは、現行のAPS-Cモデルに完敗します。 画素数だけでなくて高感度特性でも現行のAPS-Cが上です。 未だに使えるという人は、フィルム時代から写真撮影の基本が止まっているのでしょう。 今や室内やちょっと暗い場所でも手持ちかつフラッシュなしで撮るのが基本です。