回答受付が終了しました

至急です! 怪我した鳥の子を拾いました どうすれば助かりますか?餌や水などどうしましょう? あと何の鳥か教えてください!

画像
補足

皆さまありがとうございます! 今はカイロを敷いた発泡スチロールの箱の隅でピーピー弱々しく鳴き続けてます 落ちてた子について補足しますと ・生垣の辺りにいたのを家のものが拾ってきてしまった ・背中の真ん中とクチバシに血がついている ・左足が伸びてプルプルしている ・落ちてた周りに巣や親鳥が見当たらない といった感じです… インコを飼ったことはあるのですが、野生のこの子を育ててあげられる自信がないです… 拾った以上はどうにかして生きていて欲しいのですが、痛くて鳴いているのかとも思うとどうして良いのやら…

鳥類 | 動物648閲覧

回答(10件)

1

既に「受傷している野鳥」なので、獣医師の診療可能なカテゴリ内です。 実際結構ケガをしているみたいなので、今日明日にも医者に診療してもらった方が良いです。 巣も親鳥も期待できそうも無いですし、当面は面倒見てあげて良いと思います。 各地域の獣医師リストも添付します。多分獣医師を確保しなければ成らない場合は何件も電話する必要は生じると思います。また、24時間や夜間営業の医院もこの中にはあります。インコの飼養経験がおありとの事なので、イロハは分かってらっしゃると思いますが、獣医師は「鳥への強制給餌」出来る先生を選んで下さい。 ①;(各地域の野鳥を診療する獣医院) http://asterisk-web.com/sparrow_club/resq/list.htm ②;(各地域の鳥を診療する獣医院、野鳥とそれ以外のリスト) https://torich.jp/hospital/ ③;夜間・救急対応病院(野鳥対応の所含む) https://lifewithpet.net/ ⇒つづく

1人がナイス!しています

5

分かりませんがすずめのヒナに見えますね。 親がいる、巣があるなら戻してあげてください。 すずめっ子クラブというサイトの「レスキュー&育て方」というところに詳しく書いてありますよ。 もし保護されるなら、取り敢えずご飯は、ホームセンターのペットコーナーやペットショップにある、すり餌の7分がいいと思います。他のものでも代用できますが。 すり餌は鳥コーナーにあり、「すり餌」「スリエゴールド」などです。 粉の餌で、3分、5分、7分がありますが7分がいいです。 お米はパンは絶対あげないでください。 自然界では親に(頭を潰した)虫を貰っていると思います。青虫がいればいいかもですが。 取り敢えずは、すり餌をぬるま湯でみみたぶくらいに柔らかくして、難しいかもですが口の奥にさし餌してあげてください。口を開けないかもですが、ゆるいすり餌をくちばしの横に付けてあげて、ごはんだよって分かると口をあける子もいます。 できたら小松菜やチンゲン菜みたいな青菜も一緒にすり鉢ですって、混ぜてあげてほしいです。 私は沸騰させて洗ったボレー粉を乾燥させてすり鉢で粉にした物も混ぜていました。 ボレー粉はカルシウムです。 ミルワームもあげていた事があります。 あと今はあたたかいですが、夜の冷えた時間などはあたたかくしてあげてください。 雛ですし、鳥さんは体温が高いです。 なので28℃くらいですかね。 暑すぎると口をあけてハーハーします。 サイトを読んでみてください。

5人がナイス!しています

2

とりあえず獣医師しかありません。親鳥のいない小鳥は難しいですよ

2人がナイス!しています

5

スズメの巣内雛でしょう。 近くに巣はありませんか?巣から落ちたものと思われます。巣があれば戻してください。 本当に怪我してますか? 戻せない場合、個人での救護は鳥獣保護管理法により違法になりかねませんので、お住まいの地域の窓口へ問い合わせてください。 県名、野鳥、救護などのワードで検索すると出てくると思います。 スズメ、ましてや雛の受け入れはしていない行政がほとんどですので、自然の摂理なので放置するよう言われる可能性が高いです。 もしその地域の救護体制が獣医師会に委託するタイプのものであれば、救護ドクターに直接問い合わせれば受け入れてくれる可能性もありますので、検索してみるのもいいかと思います。 必ず電話連絡の上、搬送してください。 今できることは保温です。30度ほどに保ってください。 エサは虫を食べます。 一応参考サイト。 http://asterisk-web.com/sparrow_club/resq/3_6a.htm

5人がナイス!しています

カイロは酸素を消費しますので、酸欠にご注意ください。 怪我があり、親元へ戻せないなら、常時の通り、行政窓口へ連絡の上、対処ください。 救護ドクターやセンターで受け入れてもらうのが1番です。 違法覚悟であれば、リンクのサイトをご参考の上、救護してください。